佐賀県立森林公園の千人塚が心霊スポットとして扱われる所以とは?【佐賀の旅】

佐賀県立公園の千人塚

佐賀県を流れる嘉瀬川下流域にある佐賀県立森林公園。

公園の規模は広く、休日の日中は多くの家族がサッカーやキャッチボールをして遊んでいます。また野球場、テニスコート、アーチェリー場などの本格的な有料施設もあり、学生や社会人がここで大会を開き気持ちの良い汗を流している様子が想像できます。

さて、この佐賀県立森林公園の片隅に千人塚と呼ばれる場所があります。全体的にかなり賑やかな公園ですが、ここだけは『しーん』としたちょっと湿っぽい雰囲気が感じられます。どうやらその一角だけ心霊スポットとして知られているようです。

ここに何があったのか?見ていきましょう。

 

佐賀県立森林公園へのアクセス

佐賀県立公園の千人塚

佐賀大和ICを下りて国道263号線をしばらく進みます。与賀町の交差点を右折し国道207号線を進むと佐賀県立森林公園に着きます。広い駐車場がありますので停めれないことはまずないと思います。午前5時から午後9時が開門時間です。深夜に行くと最悪捕まるかもしれませんので開門時間内に行きましょう。

 

千人塚と嘉瀬刑場

佐賀県立公園の千人塚
いちち
心霊スポットとして扱われている理由がさっぱりわからない場所は多いですが、ここは千人塚ということなのでわかりやすかったです。

千人塚とは災害地や刑場などで亡くなった多くの命を弔うために造られた塚のことをいいます。万人塚とも呼ばれ日本各地にあります。供養塔やお墓と考えてもいいと思います。

 

佐賀県立公園の千人塚

ここには明治初期まで嘉瀬刑場という佐賀藩の仕置き場(処刑場)がありました。

元禄末から宝永初期(西暦でいうと1700年前後)に地元のお坊さんが刑場の片隅に建てた供養塔を千人塚の始まりとしているので、江戸時代に入ってすぐに嘉瀬刑場は造られたのでしょう。或いはもっと昔からそういう場所だったのかもしれません。

幕末から明治にかけて活躍し、最後は佐賀の乱の首謀者として梟首刑になった江藤新平や島義勇は斬首され嘉瀬刑場の千人塚で晒し首にされたと云われています。

江藤新平と生誕地と墓へ参拝。彼の人生と佐賀の乱について紹介しようと思う【佐賀の旅】

2018.04.15

 

佐賀県立公園の千人塚佐賀県立森林公園の近くのお寺に当時建っていた千人塔(供養塔)が移転されています。

恐らく刑場跡と知られている場所は殆どが心霊スポットとして扱われているのではないかと思います。それは止む終えないのかもしれません。

 

終わりに

佐賀県立公園の千人塚

罪人の命とはいえ弔って然るべきだと考える人も多かったのでしょう。そうして供養塔や塚が造られました。

現在の人がそれをみて不気味に思う気持ちは大いにわかりますが、そういう歴史があったということを知ることは大切な気がします。しっかりとした理由のある心霊スポットには人間の暗い歴史が存在していて勉強になります。

私はこういう場所に訪れていつも考えさせられます。

いちち
人の命の軽重は歴史や場所によって異なっている。果たして現在私たちが信じている命の重さは永遠に続くものなのだろうか?

当ブログ内の心霊スポットランキングを作成しました。興味がある方はご観覧下さい。なお、この記事は適宜更新いたします↓

にっぽん旅行記、よく読まれている心霊スポットランキング【ベストテン】

2018.12.10

おしまい!



佐賀県立公園の千人塚

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA