心霊スポットと噂される平和台公園に聳え立つ平和の塔に刻まれた八紘一宇について【宮崎の旅】

平和台公園

宮崎市の平和台公園が『心霊スポットだと知られている。』という情報を得て宮崎観光のついでに訪れました。

公園で一番インパクトがあったのは平和の塔。上の写真がそれですが、聳え立つ塔は荘厳で少し近寄りがたい雰囲気を持っています。それ以外ははにわ園がちょっと面白いなと感じた程度であとは『凄く広くて賑わっているな。』くらいかな。

さて、なぜ平和台公園が心霊スポットなのか?

いちち
多分、平和の塔が原因だと思う。

 

平和台公園&平和の塔の場所

国道10号線の青看板に平和台公園が案内されているのでそれに従えば大丈夫です。(宮崎市内、延岡・日向どちらから来ても看板があります。)

電車なら日豊本線の宮崎神宮駅が最寄り駅です。そこから徒歩30分くらいです。

平和の塔はかなり高いので公園に入ったら見えると思います。

 

平和の塔の八紘一宇について

平和台公園

平和の塔には『八紘一宇』と書かれています。

いちち
これは…。色々と物議を醸す四文字熟語ですね。

八紘一宇は日本書紀の巻第三にある『橿原奠都の詔(かしはらてんとのみことのり)』に出てくる言葉を近代の宗教家・田中智學が抜き出しアレンジしたものです。

 

平和台公園

然後、兼六合以開都、掩八紘爲宇、不亦可乎。

日本書紀 巻第三より(一部抜粋)

意味は『そのあとに、国を一つにし都を開き、八方隅々まで覆って家にすることは、いいことだ。』といった感じです。

言葉自体に悪い意味はありません。

田中智學は世界平和の意味合いで八紘一宇を造語したようですし。

 

平和台公園

では八紘一宇の何が問題だったのか?

それは1940年(昭和15年)に発足した第2次近衛内閣が基本国策要綱で八紘一宇を使用し、それが大東亜共栄圏のためのスローガンとして使われたからです。要するに戦争利用された言葉として認知されているのです。

皇国ノ国是ハ八紘一宇トスル肇国ノ大精神ニ基キ世界平和ノ確立ヲ招来スルコトヲ以テ根本トシ先ツ皇国ヲ核心トシ日満支ノ強固ナル結合ヲ根幹トスル大東亜ノ新秩序ヲ建設スルニ在リ 之カ為皇国自ラ速ニ新事態ニ即応スル不抜ノ国家態勢ヲ確立シ国家ノ総力ヲ挙ケテ右国是ノ具現ニ邁進ス

基本国策要綱 根本方針より

平和台公園

平和台公園が心霊スポットとして扱われてしまう原因を平和の塔と予想したキーワードは『戦争』。塔に刻まれる八紘一宇の文字が戦争を連想させるからです。

戦争史跡はここに限らずそのような扱いを受けやすいです。

戦争のイメージは負。(日本は負けたからそう思うだけなのかもしれないが…。)多くの人間が無念の内に亡くなり、残された人々も苦悩に打ち拉がれます。

心霊スポットは不条理の地だと考えます。戦争や自然災害、殺人などの個人の力では抗うことが難しい不幸によって人間が死んだとき、ほとぼりが冷めた頃、人々は反省のため不条理の地を創り出し近づくことを禁ずるのです。

いちち
といったものの、平和の塔は戦争と直接的な関係はありません。心霊スポットの原因が平和の塔であるなら、ここは似非心霊スポットだと私は判断します。いや、他に理由があれば別ですけど。

 

平和の塔の歴史

平和台公園

平和の塔は1939年(昭和14年)に紀元二千六百年記念行事の一環として造られ始め、1940年(昭和15年)11月15日に完成しました。設計者は大分県臼杵市出身の日名子実三という彫刻家です。八紘一宇の字は秩父宮雍仁親王(昭和天皇の弟)が書いたものです。元々は平和の塔ではなく『八紘之基柱(あめつちのもとはしら)』という名前でした。

紀元二千六百年記念行事の副総裁は近衛文麿ですから、上述した基本国策要綱の八紘一宇に繋がっています。この時期は『神国にっぽん』を内外に宣伝していたみたいです。

いちち
八紘一宇の気持ちで一致団結!という風にしたかったんだろうな。国民よりあなたたちが一致団結しなさいよって思うけど。

第二次世界大戦終了後、GHQが『戦争の象徴だ!』と八紘一宇の碑文と塔にある荒御魂像を撤去させます。後に二つとも戻り今の姿になっています。一時は平和の塔でロッククライミングする輩がいるくらい廃れていたそうです。

他サイトの方々が写真を載せているので画像検索で『平和の塔 ロッククライミング』とでも調べれば出てきます。

 

終わりに

平和台公園

平和の塔からの景色。

平和台公園がある丘の下に『陣の下』という地名がありました。この辺りで大きな合戦が行われたのかな?と想像しましたが、そういう歴史はなさそうです。すぐ近くに宮崎城という山城があるのでその関係なのかな『陣の下』は。

平和台公園は心霊スポットとして知られているようですが、ここで何かがあったわけではなさそうです。いや、あったのかもしれませんが私では調べつくすことが出来ませんでした。

当ブログ内の心霊スポットランキングを作成しました。興味がある方はご観覧下さい。なお、この記事は適宜更新いたします↓

よく読まれている心霊スポットの記事ランキングベスト10を紹介する!

2016.11.24

おしまい!



平和台公園

2 件のコメント

  • 紀元2600年というのも興味深いです。
    二宮金次郎像が作られた地域もありますよね。

    良く手入れされていないようで、煤けていてシルエットだけ見ると、
    細めのサル山(悪い意味ではありません)のようで、
    確かに、ロッククライミングしたくなるのも理解できます。
    しかし、よくよく見ると、武神の像や細かな装飾。形も威風堂々としてますよね。
    建てられてから80年(近く)文化的価値が出てくるかもと思いつつ。
    そっか。心霊スポットという考えもあるのですね。~。

    • 上総さん

      二宮金次郎像はこの時期に多く作られたのですね!初めて知りました。

      この塔はかなりの迫力です。数百年後に残っていれば立派な史跡になっていることでしょう。
      『戦争関連=怖い=心霊』という式はありがちですね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA