心霊スポットと噂される牛頸ダムへ行ってきた!噂の根拠は何処にあるのか?【福岡の旅】

牛頸ダム

牛頸ダムは御笠川水系の牛頸川にある治水ダムです。大野城市に位置しています。

いちち
牛頸は『うしくび』と読みます。

ダムの説明板によると

昭和40年に完成した大野町営ダムは治水力がなく、洪水により水害等が発生し、また人口増加により従来の16万トン貯水量では水不足になったため、現在の牛頸ダムが造られました。

牛頸ダム 説明板

とのことです。

 

ダムの今昔

牛頸ダム

この写真は1977年(昭和52年)に撮影されたものです。説明板にある大野町営ダムのことだと思われます。

牛頸ダムは1970年(昭和45年)に予備調査が行われ1977年に建設事業が着手、1992年(平成4年)に完成しました。

 

牛頸ダム

2016年(平成28年)撮影の写真です。

貯水量は228万トンですので昭和40年に完成した大野町営ダムの約14倍のサイズになっています。

 

牛頸の名の由来について

牛頸ダム

牛頸という地名を始めて聞いたとき『怖い由来があるのかな?』と想像しました。

平野神社の西に位置する古野山の形が、牛が首を伸ばした形に見えることからその名が付いたと「筑前国続風土記」に記述されています。

また、縄文時代、牛頸付近は海岸線になっていたことから、アイヌ語の「海の入り江」を表す「うし」から来たとも言われます。

その他に6~8世紀、須恵器の窯業技術をもたらした集団が朝鮮の牛頭山(ソシモリ山)から渡ってきて、故郷の地名「牛頭」を村の名前にし、それが変化して牛頸になったという説もあります。

牛頸公民館HPより

いちち
諸説あるようですが、どれも怖くないですね。

『神にいけにえとして牛の首を奉げた。』『連れている牛が動けなくなって首を落とした。』とかダークなものを少し期待していました。

 

心霊スポットとしての牛頸ダム

牛頸ダム

牛頸ダムは幽霊が出るとして有名な場所のようです。いわゆる心霊スポットというやつですね。

ダムの心霊スポットに訪問すると慰霊碑をよく見掛けます。これは建設中に転落事故などで亡くなった殉職者の霊を弔うためのものです。

しかし牛頸ダムには慰霊碑がありません。比較的最近造られたダムですから死亡事故はなかったのでしょう。

では、他に何かあったのか?

 

牛頸ダム

過去の新聞で牛頸ダムを調べると3件の事件が発生していることがわかりました。

・1998年、牛頸ダム建設事務所の近くに停めてあったパワーショベルが転落し下にいた男の子が下敷きになり亡くなる。

・2008年、牛頸ダム近くの道路でトラックが全焼。中から男性の遺体が発見される。

・2017年、大野城いこいの森水辺公園の駐車場の乗用車内から大人1名、子ども2名の遺体が見つかる。また近くの林で女性の遺体が発見される。

いちち
10年くらいのスパンで事件が起きてますね…。

これらの事件が心霊スポットとして扱われる原因を創った可能性が高いです。

比較的歴史の浅いダムですから心霊スポットと噂され始めたのも、ここ十数年なのではないでしょうか。

 

牛頸ダム

 

牛頸ダム

1998年の事件は不幸な事故です。2008年、2017年の事件は上の看板から察してください。

日本各地を探索しているとたまにこの手の看板に出会います。

見る度に何だか切ない気持ちになります。色々と思い出します。

 

牛頸ダム

牛頸ダムは夜景の名所でもあります。

高台の直ぐ下から住宅があり、奥には都市が拡がっています。

ひと気が無い場所ではなく生活の光が見えるこの場所を最後に選んだ気持ちは何となく理解できます。

 

終わりに

牛頸ダム

以上が牛頸ダムについてでした。住宅街が近いだけあって休日の昼間にはそこそこ人がいます。

夜は夜景目当て、あと時期によってはホタルが見れるそうです。

心霊スポットと知られているだけあって素行が悪い方々もいるかもしれません。夜に行かれる方は人数を集めて行くなどしたほうがよいかもしれません。

おしまい!

当ブログ内の心霊スポットランキングを作成しました。

興味がある方はご覧下さい。なお、この記事は適宜更新いたします↓

よく読まれている心霊スポットの記事ランキングベスト10を紹介する!

2016.11.24



牛頸ダム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA