忠臣蔵関連の心霊スポット?!泉岳寺の境内にある『首洗井戸、血染の石、血染の梅』の曰くについて

首洗井戸

東京都港区高輪の泉岳寺には”忠臣蔵”で有名な浅野内匠頭、及び大石内蔵助を始めとする赤穂浪士の墓地がある。

赤穂事件を詳らかに紹介したいところであるが、曖昧で複雑な事柄故に漫然な長文となりかねないので割愛させていただくことにする。

れい
れい

めんどくさいだけでしょ?!

いちのまる
いちのまる

…。

ざっくり説明すると、

何らかの理由で、江戸城にて浅野内匠頭が吉良上野介を切りつける。

殿中での刃傷沙汰は禁忌だったため浅野内匠頭は切腹に処される。

浅野長矩の重臣・大石内蔵助たちが吉良邸に乗り込み吉良上野介の首級を挙げる。

大石内蔵助らは罪に問われて切腹する。

赤穂浪士は忠義の士として後世に語り継がれる。

浅野内匠頭の御乱心の謎や主君が処されてから奔走した大石内蔵助の動向などを紹介し始めると本当に切りが無い。

また、彼らの行いを美談として扱っていいものかという思想的な問題へと発展していくので、なかなかに骨が折れる。

『当記事では赤穂事件に纏わる心霊スポットがあるんだなぁ。』くらいの気持ちで読んで頂けたらと思う。

書籍でも歴史系のサイトでも情報は溢れているので、詳細が気になる方は御自身でお調べ下さい。

 

首荒井戸について

首洗井戸

赤穂浪士一向が吉良上野介の首を主君に手向ける前に、この井戸で洗ったと云う話が残る。

頓て水を汲寄上野介の首と内匠頭の墓碑とも洗ひ四方を掃除杯念を○香爐机を直し上野介の首を白き片木へ載せ墓碑の段に供へたり

赤穂義臣伝より

この井戸の水を汲み寄せて浅野内匠頭の墓石と吉良上野介の首を清め洗い流したのだろう。

国立国会図書館でたまたま赤穂義臣伝を発見したので引用したが、史実がどうだったのかはわからない。

しかし、仇の首を主君の墓の捧げたことはほぼ間違いなく、その際に大石内蔵助が上記のような振る舞いをしたとしても不思議ではない、いや当然の行いであろう。

 

血染の石と血染の梅

首洗井戸

浅野内匠頭が田村建顕邸で切腹した場所にあったとされる石と梅の木。

ゆう
ゆう

梅の木、ほとんど写っていないね。

いちのまる
いちのまる

…。

田村建顕は仙台藩の支藩、一関藩の藩主である。

赤穂事件後、浅野内匠頭の身柄を預けられ、その後、即切腹を申し付けられたため邸宅で刑を執行する羽目になってしまったかわいそうな御方なのだ。

私は切腹を拝見したことが無いので分からないけれども、腹を掻っ捌いたら『ブシャー』というよりも『どろどろ』と血が流れ出るイメージしかない。

私の想像に反して血飛沫が散るほどの勢いがあるのか、或いは浅野内匠頭の直ぐ近くに石と梅があったのか?

 

終わりに

首洗井戸、血染の石、血染の梅を心霊スポットの根拠とするならば、浅野内匠頭と吉良上野介の霊が出没するのだろうか?

もしそうであるならばこれは一大事である!

自分を間接的に殺めた人間とその配下に首を取られた人間の霊が同箇所に出るとすれば、争いは避けられない。

更に赤穂浪士らの墓もある。

吉良上野介は霊になってまでも彼らに追われ続けなければならないのか?

これでは余りにも報われない。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました