三国トンネルは心霊スポット?豊薩合戦と西南戦争の古戦場へ訪問【大分の旅】

三国トンネル大分県の佐伯市と豊後大野市を繋ぐ三国トンネルは所謂『化けトン』で心霊スポットとして有名です。心霊スポットは自然災害、殺人や自殺、戦争などが起きた悲しい過去を持っている場合が多いです。勿論、何もなかったのにただ不気味ということでそう扱われてしまうこともあります。

三国トンネルはどうやら血生臭い歴史があったため心霊スポットとして扱われるようになったようです。それでは何故三国トンネルが心霊スポットになったのかを見ていきましょう。

三国トンネルは↓の位置にあります。

 

何があった三国トンネル?!

三国トンネル三国トンネルで何かがあったわけではなくトンネルから北東に位置する三国峠が心霊スポットとして扱われるようになった原因のようです。

 

 

三国峠について

三国トンネル三国の名は江戸時代に峠が岡、臼杵、佐伯三藩の境にあったため付けられました。古くから峠には官道が通され険しいながらも人々が往来する重要な道路でした。

 

三国トンネル標高600m程の三国峠は見晴らしがよく比較的通りやすい道だったので戦争が起きた際は真っ先に抑えるべき場所で占領すれば戦いを有利に持っていくことが出来ました。

ここで起こった有名な戦争は二つ。

 

第一の戦争・豊薩戦争

三国トンネル1586年から1587年に豊後国の大友氏と薩摩国の島津氏の間で起きた豊薩戦争。この戦いは広範囲に亘って戦いが繰り広げられました。日向路(宮崎)方面から北上してきた島津家久は府内(大分市)を狙うため三国峠の南にあった松尾城に陣を取りました。

家久は松尾城から北にある鶴賀城や戸次川で大友氏と戦ったので三国峠を通ったと思われます。ただここで戦闘が起きたかどうかは不明です。松尾城や近隣の朝日嶽城は調略で落とされているので家久は案外すんなりと三国峠を通って行ったのかもしれません。

 

第二の戦争・西南戦争

三国トンネル西南戦争は1877年(明治10年)に西郷隆盛が九州(鹿児島、熊本、大分、宮崎)で起こした内乱です。結果はご存知の通り明治政府がこれを鎮圧して幕を閉じます。三国峠がある三重町は西南戦争の激戦地で多くの人々が戦死しました。

三国峠では陣を取っていた飫肥隊士(おび)の山田宗賢が官軍に夜襲をかけられ分隊長の山田宗賢を含め11名の薩軍が討ち取られてしまいます。

 

三国トンネル戦死した飫肥隊士の墓が残っています。墓石には下のように書いてありました。

明治十年六月十七日

日向飫肥隊士族十一名之墓

三国峠ニテ戦死ス

 

終わりに

三国トンネル三国トンネルが心霊スポットとなったわけは近くにある三国峠が古戦場でそれなりの戦死者を出したからなのでしょう。確かに人気は全くなく夜になれば真っ暗で墓がある…。肝試しするには抜群のロケーションですね。まぁ、急な坂や崖が多いので夜の訪問はおすすめしません。

 

三国トンネル奥地に三塁跡の標柱がありますが整備されていなく竹藪をひたすら進みました。もし色々探索したいと思っている方は長袖、長ズボンを着て挑戦した方が良いかもしれません。

おしまい!



三国トンネル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

いちちと申します。 休日の殆どを一人旅に費やしています。いつか流浪の民になって日本中を周って過ごしたい。歴史、B級スポット、心霊スポットのネタが多めな旅行記ブログです。 コメント待ってるよー!