最後のお別れ涙橋…。心霊スポットといわれる所以を涙橋決戦之碑や元文の板碑から探る【鹿児島の旅】

涙橋

鹿児島市内の涙橋には悲しい由来があります。

江戸時代、刑場に連行される罪人が親族や知人と最後のお別れをした場所がこの橋のたもとだったといわれています。

多くの人々が涙を流したことから涙橋と呼ばれるようになりました。

 

涙橋決戦之碑について

涙橋

涙橋の横にある『涙橋決戦之碑』。

熊本で敗れた薩軍の一部が鹿児島にたどり着いた時、鹿児島は殆ど官軍に占領されていた。涙橋近くの高地では、枕崎出身の今給黎久清以下213名の兵士が武之橋方面からと脇田方面から迫る官軍に応戦、旧式の兵器や弾薬の不足にもかかわらず奮戦し、戦いは6時間にも及んだという。結局、平田新左衛門ら90名の戦死者を出し、紫原方面に退却したと伝えられている。

涙橋決戦之碑 案内板より

1877年(明治10年)に起きた西南戦争での一場面です。

死屍累々の心霊スポット田原坂公園?!西南戦争での激戦・田原坂の戦いについて【熊本の旅】

2016.12.08

この石碑は90名の薩軍兵士を供養するため、1927年(昭和2年)に建立されました。

 

涙橋

という二つの暗い歴史が残っている場所ですのでいつの頃からか幽霊が出る場所、所謂心霊スポットとして有名になってしまいました。

多くの人が亡くなった古戦場や刑場は昔から曰くつきの場所として知られていたのでしょう。曰くつきの場所に心霊スポットという言葉が与えられ定着しました。

いちち
ところで心霊スポットという言葉はいつ頃生まれたのだろうか?

刑場があったとされる場所まで散策してきました。

 

元文の板碑について

涙橋

刑場に関する石碑です。

藩政時代、島津家の御典医であった人が無実の罪で打ち首の刑を受けることになった。藩としてもこの医師の処刑に同情して調査したところ無実が判明し、急いで死刑停止を命じたが、すでに処刑されていた。

この医師が死の直前『私は死んだ後でも重病や伝染病に苦しむ人々の願いを聞いてやりたい。』と言ったことを聞いた藩主は大いに後悔し、この医者のために石碑を立て、碑守役までおいて霊を慰めたそうである。

この五輪塔の梵字は、五文字で空・風・火・水・地輪の五輪を表し、いっさいの功徳を兼ね備えていることを示している。

元文の板碑 説明板より

1737年(元文2年)に建てられた石碑で地元の人々は『オイシサァ(お医者さま)』と呼び、引用文の由来から病気を治す神様として崇められているそうです。

 

刑場跡について

涙橋

 

涙橋

刑場があったという痕跡は残っていません。名前もわかりません。地名から紫原刑場とでも呼ばれていたのでしょうか。

場所は『鹿児島市医報 元文の板碑』を参照にしながら探しました。刑場の詳細についてもこちらのサイトが詳しいので興味ある方は覗いてください。一部引用しておきます。

罪人が処刑されるのに「笞打ち,切腹,斬首,磔刑,晒し首」などがあり,その刑場は涙橋から南へ約800m下がった所で紫原から流れる小川の奥だった。昭和初期の記憶によると現場は切立ったシラスの崖で薄暗い不気味な所だった。

鹿児島市医報 元文の板碑より

 

終わりに

涙橋

私は神や霊を信じていないつもりですが、

なぜでしょう?

どの様な理由があるにせよ大勢の人々が亡くなった場所には社や石碑を建てるべきだと思うのです。

なぜでしょう?

おしまい!

当ブログ内の心霊スポットランキングを作成しました。

興味がある方はご観覧下さい。なお、この記事は適宜更新いたします↓

よく読まれている心霊スポットの記事ランキングベスト10を紹介する!

2016.11.24



涙橋

2 件のコメント

  • うまく言い表せませんが、
    再犯防止。犯罪抑止をするのに、些細なことでも極刑に。という感じがありますよね。
    10両で首か飛ぶとか、殿さまを侮辱して手打ちとか。
    出来心とか、情状酌量とか、言い方を誤ったとか。そんな言い訳は通用しなくて、
    泪橋を渡った人も居たのかな~と推測します。

    当時と比べれば少しはマシになったかも。ですけど、
    今も、警察が描いたストーリーに沿って捜査線上に浮かんだ人が長い間拘束されたり、
    物証が無い冤罪なんてのもあったり。

    ・・・今もあんまり変わらないか。だね。

    話がそれちゃった。ゴメン。

    • 上総さん

      冤罪だらけだったと思います。
      火刑とか磔などのエグイやり方は見せしめのためだったのでしょう。

      刑場の歴史などを調べると『命の重さってなんだろう?』とつくづく考えさせられます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA