心霊or神聖スポット?白糸の滝に伝わる寄姫伝説について

白糸の滝

阿蘇郡西原村の白糸の滝に行って来た!

『白糸』を冠する滝は日本各地にある。

流れ落ちる水が白い糸のようにみえることから名付けられるのであろう。

特に有名なのは長野県軽井沢や静岡県富士宮市の白糸の滝だと思っている。(東国の人間だからそう思うのかもしれない)

熊本の白糸の滝は別名、寄姫の滝と呼ばれる。

この滝はパワースポットとして知られているのだが、曰く付きの場所、いわゆる心霊スポットとしても知られている。

どうやら『寄姫』がキーワードのようだ。

では、心霊スポットの根拠を見ていこう。

 

白糸の滝の場所

白糸の滝

熊本空港(阿蘇くまもと空港)から約20分の距離にある。

道程がやや複雑なのでカーナビかgooglemapのナビを頼ろう。

(文章で説明するのは無理がある)

 

寄姫伝説について

白糸の滝

むかし、兵部という武士がいました。
兵部は滝の近くで美しい娘・寄姫に出会い恋に落ちます。
恋は成就し、やがて二人は結婚します。

兵部は武士でしたが、高給取りではなかったようです。
寄姫は家計を助けるため外に出て機織りの仕事に就くと言います。

しばらくすると村内で寄姫ついての妙な噂がたちました。
兵部は寄姫を問いただしますが、何も答えません。

怒る兵部!刀で寄姫の胸を一突き。
堪らず外に逃げ出した寄姫。その血痕を追う兵部。

血痕は滝の上にあった洞窟に続き、そこには血を流して横たわる大蛇の姿があったそうな。

 

心霊スポットじゃなくて神聖スポット?

白糸の滝

白糸の滝にある石碑。『南無妙法蓮華経 奉勧請 竜姫妙神』と刻まれている。

いちのまる
いちのまる

竜姫を奉る滝という意味ですね!

『竜姫妙神=寄姫』で間違いないだろう。

寄姫は竜姫妙神、すなわち龍神だった。

龍神は水の神様、転じて農耕の神様として信仰されていた。

当て推量だが、遥か昔から白糸の滝は神聖な領域として知られていて、後付けで寄姫伝説が創作されたのではないだろうか?。

『水を恵んで下さる大切な神様を傷つけてはいけません!』的な意味が込められている気がする。

寄姫伝説が心霊スポットの原因になっているのでしたら、ここは『なんちゃって心霊スポット』であるか、むしろ神聖スポットといったほうが良いのかもしれない。

 

終わりに

白糸の滝

れい
れい

というか、物語読んで思ったんだけど、これしきのことで怒って妻を一刺ししてしまう旦那ってヤバくない?

ゆう
ゆう

大蛇を見つけた後の兵部がどうなったのかが凄く気になります。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました