宇都宮藩・土堂原刑場跡へ!首切り地蔵と根来組同心の処刑について

スポンサーリンク

首切り地蔵

栃木県宇都宮市内にある首切り地蔵へ!

土堂原地蔵堂と書かれた真新しい石碑、無数の地蔵と念仏供養塔、そしてお堂の中には『享保八年 首切地蔵』と彫られた地蔵尊が安置されている。

ここは宇都宮藩の処刑場があった場所である。

どのような歴史のある刑場跡なのか調べてみた。

 

土堂原刑場について

首切り地蔵

1619年(元和5)、宇都宮藩主となった本多正純。

譜代大名としての威厳を保つためか、正純は猛スピードで宇都宮城の大改修を始めた。

三の丸の前に巨大な三日月堀を設けようと、幕府から預かっていた根来組同心に工事の命を下したのだが、根来組同心はこれに反発した。

1621年(元和7)、怒った正純は彼らを皆殺しにしたと云う。(首謀者だけという説もあるらしい)

その処刑場がここ土堂原刑場であった。

根来組同心は和歌山県の根来寺の門徒。
豊臣秀吉との戦いに敗れた後、徳川家康の傘下に入り鉄砲隊として将軍を守った。

いずれ紹介するが、同市にある白山神社には3つの塚があり、それらは根来組同心の屍が埋められた場所と伝わる。

ゆう
ゆう

本多正純さんって宇都宮城の釣天井事件の逸話もあるし過激な人だったのかしら?

れい
れい

釣り天井事件はでっち上げって言われているみたいだけど…。
実際に秀忠と対立して改易になっちゃってるしね。
お父さんの正信は家康と超仲良しだったのに。
息子の代になって変わっちゃったのかな?

終わりに

首切り地蔵

根来組同心だけではなく、一般の罪人も処刑されていた。

重犯罪者の処罰に実行される獄門、磔、火刑などの処刑が行われていたようだ。

刑場の歴史を調査しているホームページ『江戸時代の刑罰施設』で土堂原刑場についての歴史が詳しく紹介されているので、気になる方は是非読んで頂きたい。

いちのまる
いちのまる

刑場系心霊スポットを調べる時、ほぼ間違いなく参考にするサイト様です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました