養源寺坂(首吊り坂)を上る!都内の幽霊坂と同じ様な理由から縁起でも無い名が付いたのかな?

首吊り坂

東京都大田区、池上本門寺の南方に位置する、養源寺と妙雲寺の墓地の間を通る急な坂道。

googlemapには養源寺坂と記されているが、これが正式名称だろうか。

また”首吊り坂”という俗称の類だと思われる名称も存在している。

現在、坂の正式な名称について調査しているので、判明次第追記しようかと思う。

れい
れい

全部わかってから書けばいいのに…。

いちのまる
いちのまる

ブログやHPの強みは後で簡単に修正出来るところだろ?

養源寺坂(首吊り坂)の場所

首吊り坂

東急池上線の池上駅から徒歩10分程の場所にある。

自動車で向かうなら池上本門寺に駐車場があるので、そこから歩いて行こう。

池上本門寺にも曰くがあるようなので、近日中に紹介するつもり。

 

 

養源寺坂(首吊り坂)について

首吊り坂

坂上の屋敷で首吊りがあったため”首吊り坂”などと呼ばれているらしいが、根拠は見当たらない。

この種の話は、実際に事件が起こっていたとしても表沙汰にならない場合が多いため、地元の方々への取材が必須になる。

しかし、私は今のところ取材を行っていない。

1人で活動しているため1つのスポットに時間を掛け過ぎられないし、デリケートな事柄故、躊躇してしまうというのもある。

また、例え取材をしても噂話の域を出ない情報を得るだけに終わる可能性が多々あるからである。

念のため私の出来る範囲で過去の新聞や古書に記載がないかと調べてみたが”首吊り坂”の根拠をここに示す事は難しそうだ。

ゆう
ゆう

東京都内にある幽霊坂と同じ様な由来から名付けられたのかもしれないわね!

終わりに

首吊り坂

養源寺坂(首吊り坂)を登り切った右手に万両塚が鎮座する。

これは紀州徳川家初代藩主・頼宣の娘である芳心院の墓所である。

塚の建立に10000両費やしたため万両塚と呼ばれているらしい。

 

首吊り坂

お堀に囲まれた凡そ300年前の立派な宝塔。

内部から”法華経巻子本八巻と骨壺”が発見された。

発掘調査から万両塚の付近には弥生時代から人間の営みがあり、古墳時代には首長の古墳が安置されていたことが判明している。

ここは歴史的に非常に価値の高い場所である。

いつもの如く『心霊スポットの話は何処ぞへ?』という感じになってしまったが、これで筆を置く。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました