立入禁止になってしまった未成道に穿たれた天神トンネルの謎に迫る

天神トンネル

都留市加畑集落の最奥付近に黒のゲートで固く閉ざされた道路がある。

現在は立入禁止となっていてこれ以上進めないが、この先に天神トンネルというボックスカルバートのトンネルが設置されている。

この道は加畑集落から山を越えた先の夏狩集落を繋ぐはずだったが、もはや開通間近というところまで工事が進んでいたにも拘らず打ち切られてしまった。

前はゲートが無く未成道の最終地点まで行くことが出来たらしい。ヨッキれん氏のサイトで当時の様子を眺めることが出来るので気になる方は↓のリンクからどうぞ。

天神トンネルの謎

扁額には『天神トンネル 都留市長 都倉昭二』と記されている。

都留市の図書館に『都倉昭二市長任期中の道路事業について』の表題で『立入禁止となっている西東京ゴルフ倶楽部様の敷地下を通る”天神トンネル”とその道がなぜ夏狩地区まで通されなかったのかを調査している。市議会の議事録などに情報は残されているか?』という意味の質問したが、市に関する資料や新聞、都留市議会録には残されていないという回答を頂いた。

天神トンネルの上部には西東京ゴルフ倶楽部が広がっている。

この前身はTAKE1カントリークラブという名称で消費者金融の武富士の子会社が運営していた。

↑を読むと闇の深さが窺える。

確証となる資料がないので何とも言えないが、この道やトンネルの造設にも利権が絡んでおり何らかのトラブルが発生したのではないかと訝しむ次第である。

 

終わりに

天神トンネル

天神トンネルには女性の霊が出ると噂されている。

使われもしなかったトンネルに幽霊が出るとはこれ如何に?

『大昔ね、峠道があった頃にね。ここで女性が殺されているんですよ。その霊が地縛霊になって今尚彷徨っているんです。』

これは私の勝手な創作だが、こういった真しやかな作り話に尾ひれが付いて心霊スポットに成り果ててしまうことがしばしばあるようだ。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました