群馬の将門?!心霊スポットの平八石の由来について【群馬の旅】

信濃国の真田氏ゆかりの地として知られる沼田城の片隅にある平八石。柵に囲われ献花台が設置されている姿はまるでお墓そのものです。後から知った話ですが、この石は心霊スポットとして有名らしく『あまり近寄ってはいけない!』といわれているようです。

さて、この平八石にどのような歴史があるのか見ていくことにしましょう。

 

平八石へのアクセス

電車を利用するならJR沼田駅下車、徒歩15分から20分で着きます。自動車なら関越自動車道沼田インターチェンジを下りて右折し道なりに進みます。材木町の信号も直進すると沼田公園の看板が出てきますのでそれに従えば着きます。

にっぽん旅行記、沼田城についてより

沼田市のHPに沼田公園の地図があります。そこに平八石の場所が記載されていますので参考にしてください。

 

平八石について

沼田城結論からいいますと平八石は沼田景義(平八郎)という人物の首塚です。

沼田城は地元の国人衆である沼田氏が治めていました。当時の群馬県は強大名(武田、上杉、後北条ら)に囲まれていたため領地を守り切ることが難しい立地にありました。そんな中、沼田氏は内部紛争に明け暮れ、結果領地を奪われ当主の沼田顕泰は越後国に逃げ落ちることになります。

沼田顕泰は上杉謙信を頼って再び沼田城を奪取することに成功しますが、謙信は顕泰に沼田を任せず、自身の家臣を城代にします。顕泰がその後どうなったのかはわかりません。

沼田顕泰の庶子が沼田景義(平八郎)です。

沼田氏がいなくなった沼田城は上杉氏→後北条氏→武田氏(真田氏)と統治者が変わっていきます。

そして、真田氏の時代。沼田景義(平八郎)は太田の由良氏を頼って沼田氏の再興を目指し沼田城に迫ります。

しかし…。

真田昌幸は戦っては平八郎に勝てないと知り城中にいた金子美濃守をだました。貪欲な美濃守は、己が栄進したいため平八郎に会い武装を解き、こっそり城内に入れて『お前が必ず城主になれるようにしてやる。』と偽り、城内に誘い入れて殺害した。

沼田公園 平八石の由来より

無念、平八郎…。

戦わずにして勝つとは…。流石、真田昌幸です。豊臣秀吉に『表裏比興の者』といわせただけありますね。

 

終わりに

沼田景義(平八郎)の首は首実検のあと平八石の上に置かれ、亡骸は別のところへ埋葬されました。

そして…。

平八郎の首は亡骸が埋まる地まで『びゅ~ん』と飛んで行ったとのことです。

平将門の首塚と似たようなお話でしたね。といっても首の飛距離が全然違いますけれど…。

おしまい!



沼田城

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

いちちと申します。 休日の殆どを一人旅に費やしています。いつか流浪の民になって日本中を周って過ごしたい。歴史、B級スポット、心霊スポットのネタが多めな旅行記ブログです。 コメント待ってるよー!