廃墟・阿蘇観光ホテルへ。由緒あるホテルが何故、心霊スポットになってしまったのか?【熊本の旅】

阿蘇観光ホテル

廃墟系心霊スポットとして有名な阿蘇観光ホテルを外から眺めてきました。

当然の如く立入禁止です。

内部の様子を見たい方は他のサイトへどうぞ。私は離れたところから外観を撮影しただけなので。

 

阿蘇観光ホテル

阿蘇観光ホテルは昭和天皇が宿泊するほどの由緒あるホテルでしたが、1999年(平成11年)に閉館しました。

マイカーの普及で日帰り観光客が増え宿泊客が減少したそうです。(他にも原因はあると思いますが…。)累積赤字は17億8800万円に上ります。運営は九州産業交通がしていました。

熊本日日新聞にホテルの情報が散らばっていたのでここにまとめます。

 

阿蘇観光ホテル
1939年(昭和14年)

・幻の東京オリンピックを控え政府から資金の融資を受けた国策ホテルとして開業。

・ホテルが掘削を進めていた雀の地獄で熱湯が噴出した。(雀の地獄は湯の谷温泉の一部だと思われる)

・大阿蘇観光道会社が阿蘇観光ホテル~湯の谷温泉蘇峰館~豊肥線赤水駅~湯の谷間の道路事業完成。

1958年(昭和33年)

・昭和天皇が宿泊。

1964年(昭和39年)

・火災で全焼。

1966年(昭和41年)

・昭和天皇、2度目の宿泊。

1999年(平成11年)

・閉館。

 

阿蘇観光ホテル

1999年(平成11年)12月15日、最後の夜は約90名の宿泊がありました。殆ど常連客だったようです。

フロントの横には従業員手作りのクリスマスツリーが飾られています。

翌午前10時、最後の客を見送り歴史に幕を下ろしました。

 

終わりに

阿蘇観光ホテル

阿蘇観光ホテルについて書かれた新聞記事を見ていると『閉館してしまうことの残念さ』がひしひしと感じられます。そこに心霊スポットを匂わせるような情報はありませんでした。

では、何がここを心霊スポットとして有名にしたのか?

稲川淳二の恐怖の現場シリーズで阿蘇大橋と共にホテルが紹介されたこと、清水崇監督のホラー映画『輪廻』のロケ地が廃墟となった阿蘇観光ホテルだったことが原因ではないでしょうか。

阿蘇大橋

かつて心霊スポットと噂された阿蘇大橋の今…。【熊本の旅】

2019-03-15
犬鳴村

犬鳴村って本当にあるの?ダムに沈んだ犬鳴谷部落の名残を眺めて思う…。【福岡の旅】

2019-01-20
いちち
もともと廃墟として有名だった場所がホラー界の大御所に取り上げられたため曰くつきの場所になってしまったのでしょう。

おしまい!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA