かつて心霊スポットとして有名だった天草パールラインホテルの名残を眺める

天草パールラインホテル

ソーラーパネルが広がるこの写真の場所には廃墟があった。

廃墟は天草五橋の開設に合わせて建てられたホテルで、天草パールラインホテルと呼ばれていた。

国土地理院のサービスで過去の地図を見るとホテルの名称は『天草パールライン観光ホテル』となっている。

 

廃墟の情報

天草パールラインホテル

ホテル跡地からは天門橋と飛岳がよく見える。

天草パールラインホテルは5~6階建てだったようなので、上層階の部屋からの眺めは抜群に良かっただろう。

ホテルの過去情報を新聞から拾おうとしたが、かなり昔に開業・閉業したホテルなのでネット上のデーターベースでは大した情報が集まらなかった。(使用しているデーターベースが1980代半ばくらいからしか取り扱いがないため)

また、登記情報もネットでは見つからなかった。

以下、分かる限りのことを書いて終わろうと思う。

 

廃墟の名残

天草パールラインホテル

事前調査で『すでに解体されている』と知らされていたので全く期待していなかったが、ホテルの名残はしっかり残っていた。

外観を眺めるくらいなら咎められないだろうが、当然立入禁止である。

後述するが過去に事件が発生しているためかなり厳重に警備されている。

有刺鉄線もあるし、監視カメラもダミーかもしれないが幾つか設置してあった。

 

天草パールラインホテル

過去新聞のデーターベースで『パールラインホテル』を検索すると1994年(平成6)、1995年(平成7)、1997年(平成9)の記事がHITした。

1994年(平成6)の記事では場外舟券売り場建設計画について書かれている。

元々は町営の土地だったが1966年(昭和41)に観光業者に買われて観光ホテルが建てられたとある。閉鎖年は1984年(昭和59)としている。

1995年(平成7)、1997年(平成9)の記事は廃墟になった天草パールラインホテルの火災について書かれている。

1995年(平成7)6月10日午前5時20分頃。消防車が15台出動する火事が発生。鉄筋コンクリート5階建ての内1、2階部分が焼けたとある。この記事では閉鎖年を1974年(昭和49年)の3月としています。

1997年(平成9)3月9日午前4時50分頃。鉄筋コンクリート6階建ての内2、3、4階部分が焼けたとある。この記事にも閉鎖年が書かれていて1973年(昭和48年)12月としている。

いちのまる
いちのまる

情報がバラバラです。正直お手上げ状態!

 

終わりに

天草パールラインホテル

熊本の大きな図書館に行けばもっと古い新聞を調べられるのだが、そう何度も遠方の図書館に通えないので一旦諦めようかと思う。

ネットの情報を見ると『ホテルの前には学校があった』とか『宿泊客が命を絶った部屋がありコンクリートで固められていた』とか『近くにある天門橋が原因で霊が出る』なんて情報が見受けられる。

もし、出典や根拠のある情報をお持ちの方がいらっしゃればコメントでもいただければ幸いです。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました