九州本土と天草諸島を繋ぐ天門橋と天城橋について【熊本の旅】

天門橋

九州本土から天草諸島を渡る天草五橋の第一号橋・天門橋。

1962年(昭和37年)7月に工事が始まり4年2ヵ月の歳月をかけて橋が架けられました。

天草諸島は天然資源に恵まれた土地ですが、当時は輸送の手段が限られていたためなかなか発展出来ずにいました。

 

天門橋

1936年(昭和11年)、天草諸島湯島が出身の政治家・森慈秀が天草に橋を架けると発言したことから始まりました。余りにも無謀な提案だったので森氏は『ほら吹き』呼ばわりされてしまいます。

当時は宇土半島と天草諸島を繋げるほどの技術がなかったため話は進まず、完成するまでに25年以上もかかりました。

自動車での輸送が可能になったことによる産業の発展、観光客の増加、また島民の生活環境の向上などにより天草は大きく発展していきます。

 

天門橋

2018年(平成30年)5月20日、天門橋の隣に天城橋が架けられました。

天城橋が設置された主な理由は交通渋滞の緩和災害時等の代替道路の役割を果たすです。

天門橋は歩行者も渡れますが、天城橋は自動車専用道路になっています。

 

天門橋

天門橋展望所から天門橋、天城橋がよく見えます。

三角大矢野道路(天城橋経由)からは展望所に行けませんので要注意です。

 

天門橋

天門橋展望所の駐車場で下りの階段を見つけました。

いちち
これは絶対橋の下に続いている!

柵やロープで塞がれていたり立入禁止の看板でもあれば下りませんでしたが、完全にopenしていたので進みました。

 

天門橋

やっぱり橋の下まで行けました。

 

天門橋

石山神社とな?

石柱に『昭和十一年旧八月五日建之』と書かれていました。

 

天門橋

こちらは供養塔です。何やら書かれていましたが風化して殆ど読めませんでした。

石山神社、供養塔はどうやらすぐ近くにある採石場に関係するもののようです。

これらについての詳細がわかれば嬉しい限りですが、恐らく情報は見つからないでしょう。

 

終わりに

天草パールラインホテル

九州本土側から撮影した天門橋です。

左の山は飛岳といい、この下に採石場があります。

ちなみに手前のソーラーパネルがある所にはかつて天草パールラインホテルという5~6階建ての宿泊施設がありました。天門橋の開通と同時に建てられましたが後に廃業し、廃墟となって長い間放置されていました。

天草パールラインホテル

かつて心霊スポットとして有名だった天草パールラインホテルの名残を眺める【熊本の旅】

2019-04-01

天門橋は心霊スポットだと噂されることがあります。過去の新聞を調べると確かに事故等が起きています。でも不気味な感じは全くありません。むしろ歴史を考えれば『明るくめでたい橋』であるべきだと思うのです。

天城橋に地位を奪われてしまった感はありますが、天門橋はまだまだ現役です。たまには通って展望台から二つの橋を眺めるのもよいかもしれません。

当ブログ内の心霊スポットランキングを作成しました。

興味がある方はご覧下さい。なお、この記事は適宜更新いたします↓

心霊 ランキング

にっぽん旅行記でよく読まれている心霊スポットランキング【best10】

2018-12-10
熊本 心霊スポット

私が訪問した熊本県の心霊スポット22ヶ所をまとめ形式で紹介しようと思う

2019-04-30

おしまい!



コメントする(承認制)

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA