高所恐怖症の人は絶対無理!心霊スポット?!内大臣橋について【熊本の旅】

内大臣橋

熊本の山深い谷に架かる内大臣橋。

1961年(昭和36年)9月に着工され、工費1億5千万円を掛け1963年(昭和38年)の10月に完成しました。

橋の長さは199.5m、幅5.5m、高さは88mあります。

いちち
内大臣の由来について、そして心霊スポットとして扱われる理由を見ていきましょう。

 

内大臣橋へのアクセス

内大臣橋

九州自動車道の松橋ICが最寄りの高速出口です。そこから40~50分程かかります。

国道218号線をひたすら進むと(途中から国道445号線になる)青看板に『内大臣橋』とありますので斜め右方向に入ります。

そこからは狭い道が続くので要注意!そこから先は地図を確認しながら向かって下さい。

 

内大臣の由来

内大臣橋

内大臣の読みは『ないだいじん』。この辺りの地名を内大臣といいます。

内大臣は平清盛の嫡男である平重盛を指しています。六波羅小松第に住んでいたので小松殿、小松内大臣などとも呼ばれました。

平重盛は所謂『出来る人』で尚且つ温和で性格も良かったため多くの人々から慕われました。父・清盛からも後継者として期待されていましたが、先に亡くなってしまいます。

重盛の最終官位は内大臣でした。

内大臣橋の上流に小松神社があります。この神社は平重盛を祀る神社です。ここ以外にも重盛を祀る小松神社は存在しているようです。

1185年に起きた壇ノ浦の戦いで平家は源氏に敗北し没落しました。平家の皆々は多く者が討ち死に、もしくは自害して果てましたが、中には九州の山奥に落ち生き長らえた者もいました。

九州各地に平家落人伝説が残っています。ここも平家落人の里だと伝わります。落人たちは平重盛を偲びこの地に内大臣という名前を付けたのでしょう。

いちち
平家の落人たちは信仰の対象に平清盛ではなく重盛を選びました。

重盛ならきっと助けてくれるとか、重盛が生きていれば源平合戦の悲劇は起こらなかったかもしれないと考えたのかもしれませんね。

 

心霊スポットとしての内大臣橋

内大臣橋

 

内大臣橋

橋の袂には『南無阿弥陀佛』の石碑と合掌する石仏が安置されています。双方とも古さは感じません。何かを供養するために建てられたのでしょう。

ここは心霊スポットとして知られています。

いちち
88mの橋ですからね…。

間違いなく終われます。

霊は信じていませんが、ここを心霊スポットって言う人の気持ちはわかるかも。

完成当時の内大臣橋は薄いふじ色で1970年(昭和47年)に赤色に塗り替えられました。1999年~2000年(平成11年~12年)に行われた工事で現在の色に変わりました。更に欄干のかさ上げと転落防止柵が設置されています。

過去の新聞を調べると内大臣橋に関する記事が幾つか見つかりました。

・遺体が発見されたという記事が1件

・飛び降りようとしている人を保護したという記事が2件

また橋を赤色から現在の色に変えた理由について書いている記事もありました。

・人命尊重の立場から

・イメージチェンジの意味合い

これが理由だそうです。

 

終わりに

内大臣橋

高い所は苦手です。

いちち
高い所から舌を眺めると、なんか下半身から『ぞわぞわ』ってきて全身が『ぶるぶる』って震えて『すぅー』って魂が抜けていく感じ。

わかります?

どこかのサイトで内大臣橋に行くと『吸い込まれる感じになる』って書いてありましたが、何となく気持ちはわかります。

霊の仕業だとは断じて思いませんが。

おしまい!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA