心霊スポット探索記!赤田公園と赤田池の赤い橋を渡って来た【熊本の旅】

赤田公園

赤田池は1611年に加藤清正の家臣である中島八右衛門によって造られた農業用の溜池です。

池に浮かぶ中の島の南側水面下には2基の横穴式石室古墳があります。

かつては中の島に売店があり貸ボートなどで賑わっていたそうですが、現在は営業していません。

いちち
何も知らずに橋を渡って島に行きました。

飼い犬がいたので恐らく人が住んでいるのでしょう。

『ここでタバコを吸わないでください』という看板が設置されていました。

ここは心霊スポットとして知られていますが、根拠となる情報は見つかりませんでした。

過去の新聞に赤田公園、赤田池について書かれている記事を見つけましたので紹介して終わります。

 

赤田公園、赤田池の場所

赤田公園

国道208号線沿いに赤田池はあります。

池北側の公園には駐車場やトイレが完備されています。

写真の赤い橋は池の南側に架かっています。

 

赤田池、赤田公園についての新聞記事

赤田公園

釣りに関するが多いです。『マブナ、ヘラブナ、コイ、ブラックバス』の名前が挙がっています。記事の時期はバラバラ、現在何が釣れるのかわかりません。ブラックバスだけになっている可能性もありますね。

1991年3月にサクラ、1995年4月に梨の白い花について書かれています。『ボートの上からサクラが見られる荒尾市の赤田公園』と書かれているので当時は花見スポットとして人気があったのでしょう。

1997年11月、大量の淡水クラゲが発生したとあります。

クラゲは胴体が透明で、直径二センチほど。中の島に架かる橋の下付近を中心に、

水面近くを大量に浮遊している。

熊本日日新聞社 1997年11月3日 朝刊より

この10年前にもクラゲが発生しています。

 

終わりに

赤田公園

橋は赤田橋と言います。竣工は1972年(昭和47年)3月。

1962年(昭和37年)の空中写真にも橋の存在が確認出来ました。ただ橋の位置が若干違うのと島の形が少し変わっていることがわかります。

1975年(昭和50年)の空中写真では赤田橋の他に池西岸と中の島を繋ぐ橋が見られます。1997年(平成9年)の写真ではもう確認出来ないのでその間に取り壊されています。

いちち
赤い橋って何故か心霊スポットになりがちです。

心霊スポットと噂される原因は見つかりませんでした。強引にこじつけるなら水面下にある古墳の存在でしょうか?

ただ、もしそれが原因なら霊として扱うより水神さまとして祀るべきだと私は思います。

当ブログ内の心霊スポットランキングを作成しました。

興味がある方はご覧下さい。なお、この記事は適宜更新いたします↓

心霊 ランキング

にっぽん旅行記でよく読まれている心霊スポットランキング【best10】

2018-12-10
熊本 心霊スポット

私が訪問した熊本県の心霊スポット22ヶ所をまとめ形式で紹介しようと思う

2019-04-30

おしまい!



コメントする(承認制)

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA