東京23区内、唯一の渓谷!?世田谷区の等々力渓谷を歩く

スポンサーリンク

等々力渓谷

東京都世田谷区の閑静な住宅街の内にある等々力渓谷。

『美しい渓谷』とは言い難いが、限りなく自然の少ない都会では貴重な存在だ。

1951年(昭和26)7月20日の読売新聞・朝刊に以下のように書かれている。(引用NGなので要約した。)

10年前(昭和16年?)に都がハイキングコースに仕立て上げたが、戦争が始まると放置され荒れ放題だった。
この頃、土地の有志らが『都民が家族連れで気軽に行ける野趣満点のハイキングコースを拡充させよう』と活動を開始し、区も乗り気になっている。

 

等々力渓谷

昭和前期の等々力渓谷は木々が生い茂り、清流は澱み無く澄み切っていたのであろう。

しかし、人口の増加により、周辺の宅地化が進み、次第に汚染されていった。

かつての清流を取り戻すための努力が何度も行われ、現在に至る。

 

等々力渓谷

『等々力』の地名は、渓谷内の『不動の滝』の音が響き渡り『轟いた』ところからついた、との言い伝えがあります。

等々力渓谷公園 説明板より

とのこと。

ちなみに上で紹介した1951年(昭和26)の新聞の地図には『不動の滝』の名前は無く、代わりに『双竜の滝』がある。

滝の上部には修験道の開祖・役小角の霊場と伝わる等々力不動尊があり、滝行が行われたと伝わる。

写真が『不動の滝』なのだが、『等々力(轟)』の由来にしては水量が余りにも弱い。

かつてはもう少し水量があったのかもしれない。

 

等々力渓谷

渓谷の崖地に3基の横穴古墳が残存している。

泥岩の切石でふさがれた玄室の床には河原石が敷かれ、3体の人骨とともに1対の耳環(イヤリング)と土器が副葬されていました。

都史跡 等々力溪谷3号横穴 説明板より

古墳が造られた時期は古墳時代末から奈良時代で、当地の有力な農民が埋葬されていた。

 

等々力渓谷が心霊スポット?

等々力渓谷

等々力渓谷には心霊スポットの噂があるらしい。

とある著名人が等々力渓谷で写真を撮影したところ、心霊写真が撮れたと話題になった。

また、溺死者の霊が現れると紹介するサイトもあった。

渓谷と雖も、かなり小規模である。

川遊びをするような場所ではないし、水難事故は発生しにくい環境にあると思うが…。

1979年(昭和54)4月13日
小学1年生の男児が等々力渓谷に転落し死亡した。
2つの堰に挟まれた箇所で水深が深く、生活用水などが溜まり淀んでいたと云う。

1件だけ水難事故に関する新聞記事を発見した。心霊の噂と何か関係があるだろうか?

 

終わりに

等々力渓谷

修験道の修行場、古墳の存在も心霊の根拠になっているかもしれない。

実際に訪問して遊歩道を歩いたが、不気味な雰囲気は全くなかった。

というか、ここはパワースポットとしても有名である。

等々力不動尊に縁結びの御利益があるからだ。

ゆう
ゆう

心霊スポットとパワースポット。
よくあるパターンです。

れい
れい

どうせなら、縁結びを目的として訪問したいところね。

『明暗』どちらの視点で見るのかは個人の自由だが、『明』を選んだ方が人生に対して健康的で良いと思う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました