受験生のパワースポット・合角ダムへ!水没集落に関する書籍を読んでとても感動したというお話

スポンサーリンク

合角ダム

埼玉県秩父市にある合角ダムは洪水防止・上水道用水などの確保を企図して2001年(平成13)に竣工された多目的ダムである。

合角で『かっかく』と読むのだが、これは水没した地区の名称で、写真に写る合角漣大橋の下あたりにその集落はあった。

水没集落は日尾・合角・塚越・女形で計75世帯が水没地区に入り、立ち退きを余儀なくされている。

 

『村とダム・没する秩父の暮らし』を読んで

合角ダム

今回、合角ダムを調べるに当たって、山口美智子さんの『村とダム』を拝読した。

著者がダムに沈む前の集落を数年掛けて取材し、現地の方々から様々な情報を引き出し、水没世帯の生の声を綴った名著である。

水没に関する問題だけでなく、秩父の山奥で先祖代々暮らし続けてきた困窮した民衆の生活事情や秩父事件勃発当時を生きていた人々の話などが秩父弁で掲載されており、歴史書としてその価値は高い。

後世に残すべき書物であると感激した。

created by Rinker
¥2,500(2021/07/24 15:25:13時点 Amazon調べ-詳細)
いちのまる
いちのまる

もしかしたら図書館に置いてあるかもしれません!
私は本を集めたい派なので、中古本を購入しました。
買って損はないと思います!

合角ダムは心霊スポットなのか?

合角ダム

さて、私の使命は心霊スポットの噂の事実を紹介することにある。

合角ダムには幽霊が出るという噂があるそうだ。

前述した水没集落も少なからず関係していると思われる。

幽霊ではなく妖怪類の伝説なのだが、戸神重明さんの『怪談標本箱 毒ノ華』に合角方面から天狗の火柱が上がったという話がある。

恐らくこれは合角集落にあった『お天狗様(神社?)』と『天狗岩』が由来の伝説であろう。

水没集落以外に何か根拠はあるのだろうか?

 

合角ダムに関する事故や事件

合角ダム

この辺りに関する古い事件と言えば、1884年(明治17)に発生した秩父事件は外せない。

『村とダム・没する秩父の暮らし』で語られている秩父事件の情景を一部引用しよう。

秋も終わり頃の寒みぃ日に、暴徒が押し寄せて来るっつうんで質屋の清三郎は、この奥の小室にある親戚の家ぃ逃げ込んだんだとさあー。
(中略)
それでお内儀さんの方は自分ん家の屋根裏へ逃げ込んだんだとさあー。
そうしたら暴徒が屋根裏へ刀や槍なんか突っ通したんだとさあー。
だからお内儀さんは生きた心地がしなかったつうよう。

山口美智子 著 『村とダム・没する秩父の暮らし』31頁 関口リキより

むかし本家では関口清三郎って人が高利貸しをやってたんで、秩父暴徒に明治の頃やられらんだいねえ。
本家はあんとき焼き打ちにゃああわなかったけど、暴徒が裏の川原へ簞笥なんか放り落として、えら証文なんか焼いたんだよ。
(中略)
そんとき本家の清三郎お爺は証文を持ってるだけ持って、小室の親戚の方へ逃げたんだいなあ。

山口美智子 著 『村とダム・没する秩父の暮らし』57頁 関口土也より

昔は暴徒の話をよく聞きましたけど、今だからみんな秩父事件だなんて言っていますが、私らが子供の頃は暴徒ですよ。
秩父事件だなって格好つけた呼び名はあとで誰かがつけたんでしょう。
(中略)
うちの爺さんが一緒に『家だきゃあ焼かねえでくれ』って暴徒に頼んだ。なんつう話を聞いていますが。
そのとき暴徒は『家を焼くなあ勘弁するけど、家財は助けねえ』って、家財道具を裏の崖から放り落として川原で焼いてしまった。なんつう話を聞いていますよ。

山口美智子 著 『村とダム・没する秩父の暮らし』57頁 強矢虎之助より

お爺さんは宮本小泉つって、秩父暴徒のとき雑兵で連れ出されて、刀を吊るって国神の椋神社まで行ったんだけど、どうも雲ゆきが悪くなってきて危ねえからと思い、お爺さんだって死ぬか生きるか必死だったから、途中の山ん中で『糞小便の用たしがしてえ』って嘘を言って、沢を跳び越し山を幾つも越へやっと合角まで帰えってきたんだよ。
そうでもしなけりゃあ高崎の兵隊さんと戦うわけだったかんなあ。

山口美智子 著 『村とダム・没する秩父の暮らし』187頁 宮本正雄より

当事者たちの声が生々しくの残っていることに驚きを隠せない。

やはり名著である。是非皆さんにも読んで頂きたい。

国の政策により重税や借金を課せられた秩父の農民たちが蜂起した秩父事件。

1万名以上もの人々が罰せられ、首謀者7名に死刑判決が下り、政府側も数名殉職している。

しかし、この事件と合角ダムに繋がりはなく、心霊の噂とは全く関係ないとハッキリ言える。

 

合角ダム

他に何か根拠は無いかと探してみたけれど、特筆すべきものは見つからなかった。

山奥のダムであるが、周辺に住居が点在しているため事件や自殺は発生しにくい環境にあるのかもしれない。

何か合角ダムに纏わる事故や事件について御存知の方がいらっしゃればご教授願いたい。

 

終わりに

合角ダム

合角ダム・西秩父桃湖と刻まれたこれらの岩は、湖底に沈む鹿野町倉尾地区にあったものである。

当時は桃の木なんて植わってなかったらしい…。

ここでは詳しく説明しないが、ダム湖の命名に当って、心霊とは別の意味で曰く付きの話が残っている。

他に合角ダムに纏わる話と言えば、合角が『合格』と読めることから受験生の験担ぎとして一種のパワースポットになっていることぐらいだろうか。

ゆう
ゆう

心霊スポットなんて言われるよりはパワースポットの方が断然良いですね。

れい
れい

だね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました