むかし処刑場があったの?流山市役所の裏手にある飛地山の歴史について調べたので紹介しよう!

飛地山

曰く付きの山を求めて訪れた先はフェンスで囲まれた見事なまでに広々とした更地だった。

木々の茂る薄暗い小丘が存在したはずだが、今いずこ。

下調べをしない悪い癖の出た衝動的な旅になってしまった。

流山市役所の南に位置するこの場所は飛地山と呼ばれる。

その曰くから『血』の字が当てられ飛血山と称される事もあるようだ。

どのような言い伝えのある山なのか?歴史を振り返ってみよう。

 

飛地山の場所

飛地山

流山駅の南に架かる歩道橋を渡った先が飛地山である。

間違えて北方面に向かうとかなり遠回りすることになるので注意しよう。

地図を見ると周りに有料駐車場があるので自動車での訪問も問題ない。

 

飛地山の歴史

飛地山

この一帯は駿河田中藩の飛び地領の一つで江戸時代後期には陣屋があった。

1863年(文久3)、藩主・本多正訥によって”長屋27棟、御殿1棟、土蔵2棟、道場1棟、表門裏町”の下屋敷が加村の台地に築かれ、江戸深川の下屋敷から移住してきた藩士らが飛び地領の管理を取り仕切った。

その規模は南北に300m、東西に150m程で、現在の地図に照らし合わせると流山市博物館から流山市役所の範囲に入る。

明治時代に入ると政府は葛飾県を成立し、旧田中藩の加村陣屋を県庁としてそのまま利用した。

その後、葛飾県は印旛県に合併され佐倉や本行徳に県庁が移されたものの何かと不便だったため再び加村に戻っている。

1873年(明治6)に印旛県と木更津県が統合し千葉県が設立され加村陣屋は役目を終えた。

 

飛地山の噂

飛地山

飛地山には処刑場があったという噂がある。

文献①所載の”『流山町加村台本多紀伊守仮宅後葛飾印旛県庁』図には御殿・長屋・役所・牢獄等の図を載せており、”

平成25年3月 公益財団法人 千葉県教育振興財団 研究紀要28

文献①は『千葉縣東葛飾郡誌』を指す。

私は原本そのものを読んだことは無く該当の図を模した資料しか見ていないのだが、それらを確認すると牢獄の南に刑場の区画が設けられている事が分かる。

 

飛地山

出典:国土地理院/空中写真を切取・編集引用(1947/10/23(昭22)撮影)

1947年(昭和22)の空中写真。

赤で囲った部分が加村陣屋、黄色が現在の流山市役所、緑が飛地山の区画である。

いちのまる
いちのまる

厳密ではないですが、こんな感じの区画範囲だと思われます!

『流山町加村台本多紀伊守仮宅後葛飾印旛県庁』の図によると、加村陣屋の御殿や長屋は赤枠の下部を通る諏訪道の北側にあり、諏訪道を挟んだ南側に牢獄、牢獄からやや離れた南西の位置に刑場があったとしている。

※追記

千葉縣東葛飾郡誌を読む機会に恵まれたので、その一部を引用しようかと思う。

尋で葛飾縣と改め水築小相知縣事たり、是に於て南に道を隔てゝ牢獄を造り、五牢を畫し白洲及び獄吏官舎を設け、更に其南に刑場を置き、舊道場及不用長屋を取拂へり

千葉縣東葛飾郡誌 1284頁より

この記述の次頁に加村陣屋(葛飾県庁)の見取り図が記載されていた。

どうやら葛飾県が成立してから、つまり明治時代に入ってから牢獄や刑場が設置されたようである。

県庁として活用された期間は5年に満たず、恐らく県庁の閉鎖と共に刑場も閉じられたのであろう。

 

飛地山

加村陣屋(葛飾県庁)の区画から現在の飛地山跡は少々離れており、もし陣屋内に牢獄や刑場が収まっていたとすれば飛地山に刑場は存在しなかった事になるが『では、実際はどの位置になるのか?』と問われると答え難い。

流山市役所の真東にある平和台3号公園の辺りが怪しい気もするが正確な事は分からない。

陣屋の南に広がる小丘全体(流山市役所の区画を含む)を飛地山と呼んでいた可能性も考えられるので、そうであるならば飛地山に刑場があったという説もあり得るか?

土地開発に当たって住民と業者の遣り取りが文書に残ってる。

業者は『飛地山に刑場があったとされているが、専門家を交えた発掘調査の結果そのような事実は無かった。』としているけれども『では、千葉縣東葛飾郡誌の情報は虚偽だったのか?』という疑問が残る。

刑場が無かったのではなく、発掘区画に刑場が認められなかっただけの話かもしれない。

 

終わりに

飛地山

流山は戊辰戦争で明治政府軍と新選組が対峙した場所であり、局長・近藤勇と副長・土方歳三の別離の地でもある。

甲州勝沼の戦いで板垣退助率いる官軍に大敗した近藤勇らは江戸に戻り、その後再起をかけて流山へ向かった。

早い段階で官軍は流山にて賊軍が駐留していると情報を得ていたため迅速に流山を包囲した。

戦闘態勢の整っていない敗北必至の状況に策を講じる新選組の幹部たち。

近藤勇が大久保を名乗って『散り散りになった兵を取り締まっている。』と正当性を主張し官軍に単身出頭を試みるが、途中で正体が露見してしまい近藤は総督府のある板橋宿へ連行され斬首刑に処された。

杜撰な心霊サイトでは飛地山の刑場で近藤勇が処刑されたと書いているが、これは完全な誤りである。流山包囲の際、官軍は飛地山に大砲を構え新選組本陣を脅かしたとの事。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました