新三郷トンネルの今昔。幽霊出没の噂の具体的な根拠は皆無だった件…。

新三郷トンネル

通称・新三郷トンネル。正式名称は采女ガード。

自治体が『幽霊が出るので通らないように』的な意味の通達を出したと云う噂のある心霊スポット。

幽霊の出るスポットは采女ガードでは無くて吉川駅の近くにある高富ガードとも云われている。或いは既に埋め立てられた今は存在しないとも…。

今回は采女ガードに訪問して来た。

結論から言うと心霊の噂に関しての情報が錯綜していて詳細不明であった。

この辺りについてちょっと調べてみたので心霊とは関係無いかもしれないが紹介しよう。

 

新三郷トンネル

出典:国土地理院/空中写真を切取・編集引用(1955/10/13(昭30)撮影)

JR武蔵野線が開通する以前の航空写真。

赤が現在の線路、黄色は駅、紫は高架橋、綠がトンネル。

下のトンネルは采女ガード、上のトンネルが高富ガード。

トンネルの上部に墓地があったという噂がある。1955年(昭和30)の航空写真を見る限り高富ガードの位置は田畑が広がるばかりで墓地があった形跡はない。

采女ガードの方は建物が付近に見受けられるのでお墓があった可能性は捨てきれないが…。仮にお墓があったとしても集合墓地ならまだしも個人宅に併設されたお墓に対して『過去に墓地があったから』なんて情報が流れるか甚だ疑問である。

 

出典:国土地理院/空中写真を切取・編集引用(1979/10/01(昭54)撮影)

かつてこの場所には武蔵野操車場という大規模な操車場があったそうだ。

現在の様子とはかなり異なっているので、気になる方はgooglemapと↑の航空写真を見比べて欲しい。

心霊の噂のひとつにトンネル上部で鉄道事故があったと云う情報がある。

過去の新聞を軽く漁ってみたがそのような情報は皆無であった。ただ新聞記事に載らない情報もあるので確実なことは言えないのが歯がゆい。

 

新三郷トンネル

既に埋め立てられたトンネルに心霊の噂があるとするオカルトサイトがあるけれど、本当だろうか?

航空写真やgoogleのストリートビューで確認してみたが、埋め立てられ入るような箇所は無いように見えた。

 

終わりに

新三郷トンネル

『幽霊が出るので通らないように』と自治体が発したというが、これに関しても具体的な情報は一切出ていない。

となると現状では心霊スポットの噂の真偽は疑わしいのではないだろうか?

詳細をご存知の方がいらっしゃれば是非教えて頂きたい。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました