白金トンネルはなんで都内で有名な心霊スポットなのか?【東京の旅】

ここは港区白金!

今回は白金トンネル。いわゆる『化けトン(お化けトンネル』ってやつですね。 東京にはいくつかの『化けトン』があって各々有名な心霊スポットになっています。時間があれば全部周りたいのですが残念ながら難しそうです。さてそれでは参ります!

 

白金トンネル

白金トンネル 入口今現在(2016.6.12)は私は白金に住んでいます。

世田谷区深沢に仕事で行くことが数回あってこのトンネルを通っていました。その時はここが心霊スポットと知りませんでした。

で職場の人と心霊スポットの話になって『白金トンネルはやばいよ』と聞き初めて知りました。まぁ聞いても心霊とか別に信じていないので何とも思わずトンネルを使い続けていますが。

 

白金トンネル 側道 白金トンネル内は歩行者通行禁止なので側道を歩きます。 この辺は港区、渋谷区、品川区の境目。トンネルは都道418号線の支線になるのかな。上に首都高が走っています。

 

白金トンネル 側道 人気がありません。夜はちょっと危険かも。襲われても多分助けきません。

 

白金トンネル 側道至る所に落書きがあります。

 

ちかん注意ちかん注意!!ちかんが出没しそうな雰囲気がムンムンします。

 

白金トンネル 側道

徒歩だと意外と長い。というか何のためのトンネルなんだろう?山や丘があるわけでもないし。

 

白金トンネル 側道ここが一番薄暗かった。不気味だね、うん。

 

白金トンネル 内部

 

白金トンネル 内部カメラの性能が悪いせいか写りがよろしくないね。でも鮮明に撮れているより雰囲気出ている気がする。

 

白金トンネルが心霊スポットとして扱われる理由

白金トンネル なんでここが心霊スポットとして有名なのか…。

事故多発地帯で色んな噂が広がっているようです。トンネル内部はカーブが続いているので単純に事故は起きやすいと思う。なんでも心霊のせいするのはいかがなものかなと。 

事故が多発するから何かあったのではないか???ということで、病院があった、予防衛生研究所があって動物・人体実験をしていた。もっと昔に処刑場があったなどの説があがっています。ありがちですね。

実際数年前まで予防衛生研究所跡は実際あったようですね。(今はマンションが建っている) 内部を探索した記事を扱っているサイトも残っていますので検索してみてください。心霊サイトなどで本当にここはマジでヤバい的なことが書かれていますが正直期待外れでした。

 

吉田弥一郎の石碑

吉田弥一郎の石碑 途中でたまたま見つけた石碑。トンネルよりこっちの方が気になりました。この地域(長者丸)を高級住宅地として開発した呉服屋・吉田弥一郎という方の5周年忌に建てられたものらしいです。調べても詳しいことは出てきませんでした。

※追記

吉田弥一郎の三男・吉田幸三郎についての情報をコメントにていただきました。幸三郎は1887年(明治20年)に東京市芝区で生まれました。生涯、美術や古典音楽、演劇などの有形無形文化財の保護に尽力しました。

弥一郎の呉服屋は豊田屋といい天保年間(1830年から1844年)に創業されたそうです。

終わりに

当ブログ内の心霊スポットランキングを作成しましたので興味がある方はご観覧下さい。なおこの記事は適宜更新いたします↓

旅のまとめ【心霊スポットランキングベスト10 編】 

おしまい!

白金トンネル 内部

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA