心霊スポットの鏡処刑場跡とキリシタンの関係について【大分の旅】

竹田市の鏡処刑場跡は江戸時代に岡藩がキリシタンや罪人を処した場所です。心霊スポットとして有名なようですがそれは置いといて、まずはその歴史から見ていくことにしましょう。

 

鏡処刑場跡の場所

↑の辺りです。わかりやすい場所にあるので行き方は説明しなくてもよさそう。

住所は大分県竹田市会々6−5だと思われます。

 

鏡処刑場の歴史

鏡処刑場いつ鏡処刑場が設置されたのかは不明ですが、江戸時代にここでキリシタンや罪人が処刑されたといわれています。

三代藩主から八代藩主の間にここで処刑されたキリシタンは44名(後年ではキリシタン以外の一般の罪人もここで処刑)にのぼり、その中には女、こどもも含まれる(北村清士著 大分県の切支丹史料より)。キリシタン信者の数に比較すると、その割合は低く、臼杵などの他藩に比較しても一桁少ない。

竹田市役所 南蛮文化振興局より

に詳しく解説されているので見てみると面白いかも。(というか↑見ればこの記事見なくていいかも…。)

 

鏡処刑場他の藩で凄まじい弾圧を受けてきたキリシタンが何故、岡藩では少数だったのか?それは初代藩主の中川秀成の父・清秀がキリスト教と深い繋がりのある人物だったから。

清秀の従兄弟はキリシタン大名で有名な高山右近、そして妹が古田織部の正室。古田織部に関しては『キリシタンだった?!』という説があります。かなり微妙なところですが…。

 

鏡処刑場そういうわけで中川氏はキリシタンにかなり寛容で禁教令が出てしまったため幕府に逆らう形にならないよう止む終えず数人の信者を処刑したのだと考えられています。もしかすると藩主自身がキリスト教徒だったのかもしれません。

竹田市にはユダヤ人の王ナザレのイエス(INRI)の石碑やサンチャゴの鐘などキリシタンに関する謎が多く残されています。これらを調べてみるのも面白そうですね。

 

終わりに

どんな心霊スポットなのか気になって見に行ったのですが、そんなことよりも竹田市とキリスト教の歴史があまりに興味深かったため記事を書いている途中すっかりそのことを忘れていました。

まぁ、処刑場は基本的に心霊スポットとして扱われてしまうのはしょうがないね。確実にここで人が亡くなっていますからね。しかも無念のうちに…。

おしまい!

鏡処刑場

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

いちちと申します。 休日の殆どを一人旅に費やしています。いつか流浪の民になって日本中を周って過ごしたい。歴史、B級スポット、心霊スポットのネタが多めな旅行記ブログです。