秩父貯水槽殺人事件の現場に訪れて!未完記事ゆえ、隨時添削・追記を行うつもりです

スポンサーリンク

秩父貯水槽殺人事件

1977年(昭和52)、秩父市内の防火用貯水槽から女性の腐乱死体が発見された。

ここはその現場である。

犯人は被害者と交際をしていた男性で、発見から2年前に彼女を絞殺し貯水槽へ投げ入れたと云う。

殺害動機は妊娠の判明。

妊娠したと告げられたのち結婚を迫られたが、返答を濁し続けた結果、堕胎不可能になるまでの月日を重ね、現実を受け止められなかった彼は選択を誤った。

彼の心理状態を知る由もないけれど、結婚という一種の束縛を嫌って犯行に及んだのであれば、誠に愚かである。

その後に待ち受ける半永久的で過酷な拘束を予想し得なかったのだろうか?

ゆう
ゆう

物理的にも精神的にも苦しい生活が始まる可能性が高いよね…。

れい
れい

根っからの悪人でもなければ、自らの手で殺した感触は一生忘れられないでしょうからね!

 

秩父貯水槽殺人事件

現状の変化を嫌ったのに加え、結婚の恐怖を妄想したのかもしれない。

仮にそうであったとしても殺す以外の選択肢はあった。

恐らく目先のことしか考えられなくなり衝動的に殺めてしまったのだろう。

いちのまる
いちのまる

隠そうとせず、せめて自首すれば…。
何れにせよ2人は帰ってきませんけど。

 

終わりに

秩父貯水槽殺人事件

この事件がオカルト界隈で今なお語られる理由に『遺体が発見された前から幽霊が出る』と噂されていた点が挙げられよう。

噂は当時の新聞や雑誌にも掲載されているようだ。

あたかも女性の霊が居場所を知らせるために現れたという筋書きである。

当事件は数十年前の出来事であるため出典の原本を獲得することは叶わなかった。

国立国会図書館や過去の地方紙を扱う図書館に赴こうとも考えたのであるが、流行り病のせいでなかなか外に出られない。

よって今回は、様々なサイトを拝読して執筆に取り組んだ。

中でも心霊スポット専門サイト『イワレ』さんの記事は大いに参考にさせていただいた。

いちのまる
いちのまる

皆さま貴重な情報に感謝致します!

いつか原本を入手出来る日が来れば、記事の訂正や追記をする所存である。

コメント

タイトルとURLをコピーしました