鬼怒川温泉の老舗旅館・きぬ川館本店へ!※内部の写真はありません

きぬ川本館

きぬ川館本店は1942年(昭和17)に創業された老舗旅館の廃墟である。

 

きぬ川本館

閉業は1999年(平成11)。負債総額は約三十億円とみられている。

 

きぬ川本館

1999年(平成11)6月12日に読売新聞に『きぬ川館本店』の倒産について書かれた記事があったので要約する。

同社は1927年(昭和2)創業の鬼怒川では老舗の温泉旅館。
客室数は65室、最大収容人員およそ350人。
かつては東武鬼怒川公園駅前にあり、大谷石を使った『かっぱ風呂』を前面に押し出して営業を行い、1975年(昭和)には10階建てに増築するなどしていた。

当記事では1927年(昭和2)を創業年としている。ネット上の情報では殆どが1942年(昭和17)としているため、序文ではそのように記した。

東武鬼怒川公園駅前に同社が運営していた『ホテル キャトルセゾン』がある。現在は分譲マンションとして利用されているのだが、新聞の文言を信じるのであれば『きぬ川館本店』の起源はここにあったのかもしれない。

ネットの物件情報によると『ホテル キャトルセゾン』の築年月は1988年(昭和63)8月。wikipediaではこのホテルを第二別館と紹介している。

いちのまる
いちのまる

この辺りの事情に詳しい方がいらしたら是非教えて頂きたいです!

 

きぬ川本館

ゆう
ゆう

(かっぱ、かわいい…。)

高度経済成長期からバブルが弾けるまでは大いに稼いだようである。

ピーク時の営業収入は7億円台だったそうだが、バブル崩壊後は4億円台に落ち込んだと云う。

当時を知らない私はどんな感じだったのか父親に聞いた事がある。

『日本がノリノリだった頃は、会社の慰安旅行が本当に凄まじかった。それに合わせてホテルや飲食店の箱が大きくなってけど、そういう時勢じゃなくなったので、あんな感じになっちゃったのでは?(すごく楽しそうに話していた覚えがある)』

 

きぬ川本館

調子が右肩上がりの時は、ひっきりなしに客が訪れ金を落していくので、店舗を増やしたり、増築したり、はたまた新事業を立ち上げたり出来たのだ。日毎に数字が増え続けていくので、得も言われぬ恍惚感に浸れたであろう。

しかし、一度拡げてしまった事業を縮小するのは想像以上に困難である。

非情なリストラを踏み切らねばならないし、店舗を閉鎖するのにも莫大な金がかかる。閉鎖しないにせよ維持費はかかり続ける。資金潤沢な大企業でない限り赤字を垂れ流せば借金が膨らみ続ける。余程運に恵まれない限り再興は叶わない。

 

終わりに

きぬ川本館

きぬ川館本店は持ち主と連絡が付かず完全に放置されている。解体費用は6億円に上ると云う。

鬼怒川温泉にはこのような廃墟が点在している。

『一般の観光客が鬼怒川へ訪れ、これを眺めてどう思うだろうか?』

これを見て喜ぶのは私を含めた一部の界隈の変わり者だけである。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました