ガラス張りの謎の廃墟、ホテル・ファミテックへ行ってきた!

ホテル・ファミテック

栃木県日光市にあるホテル・ファミテック。

ガラス張りの建物で所々が無残に砕かれた何とも異様な容貌を持つ廃ホテルである。

現在は企業(恐らく中古車業者)によって管理されている。当然、立入禁止。

不法侵入しても碌な目に遭わないので”よいこのみんな”は外から眺めるだけに留めておこう。

私は”すこぶるよいこ”なので外から眺めるだけで満足した。よって内部の写真はこの記事に無い。

勇気ある侵入者たちがネット上に写真を公開しているので、気になる方は『ファミテック 廃墟』などと調べてどうぞ。

 

ホテル・ファミテック

この廃ホテルに関する情報は殆ど残っていない。

建物が建てられた時期は国土地理院の空中写真から判明した。

以下に引用する。

 

出典:国土地理院/空中写真を切取・編集引用(1976/09/29(昭51)撮影)

この時点では建物は無い。

 

出典:国土地理院/空中写真を切取・編集引用(1977/10/23(昭52)撮影)

およそ1年後。

いちのまる
いちのまる

おぉ、建物が建った!

ガラス張りの面が見えている?

正確な開業年は分からないが1976年(昭和51)から1977年(昭和52)の間に落成したのは間違いない。

 

出典:国土地理院/空中写真を切取・編集引用(1982/10/04(昭57)撮影)19821004(昭57)

テニスコートっぽいのが設置された。

いつ閉業していつ廃墟になったのだろうか?

気になる所である。

 

終わりに

過去の新聞を漁っていると1980年(昭和55)の新聞で『ファミテッククラブ・被害者の会』についての記事を発見したが、これは関係ないよな?

内容は『土地の転売をもちかけレジャークラブ会員権を売りつけていた』という内容だった。

もし、ホテル・ファミテックに関して詳しい情報をお持ちの方がいらしたらご教授願いたい。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました