封鎖された犬鳴峠の最恐心霊スポット・旧犬鳴トンネルについて【福岡の旅】

日本屈指の最恐心霊スポットと噂される犬鳴峠&旧犬鳴トンネルに行ってきました。

必ず一枚は心霊写真が撮れる。

絶対、帰り道で交通事故に合う。

トンネルの先に犬鳴村という集落があり部外者は問答無用で襲われ惨殺される。

日本国憲法は通じませんという看板がある。

犬鳴峠には↑といったような『心霊スポットあるある』なものから『余りにもぶっ飛んでいて笑えない話』まであります。

いちち
先に断っておきますが、どれも根拠のない出鱈目な作り話です。

昔から不気味な峠として知られていたようですが、決定的な原因を作ったのは1988年(昭和63年)に起きた殺人事件でしょう。この事件については記事の最後に書きました。興味のある方はどうぞお付き合いください。

心霊スポット記事&残酷な描写があるので苦手な方はブラウザバックお願いします!またここへ行かれる方は様々な危険が予測されますので覚悟の上、自己責任でお願いします。

 

犬鳴峠への行きかた

さて、行き方です。

まずは県道21号沿いの犬鳴ダムを目指します。そして犬鳴ダムの横に駐車場があるのでそこへ停車し徒歩で新犬鳴トンネル方面へ向かいます。ダムから旧道入口まで徒歩10~15分ぐらいです。

旧犬鳴トンネルは上の地図の右上にある峠道にあるトンネルです。

 

犬鳴峠について

犬鳴ダム犬鳴は『いぬなき』或いは『いんなき』と読みます。

由来は

・狼が谷の滝を越えられなくて鳴いた。

・峠道があまりにきつくて犬が鳴いた。

・古代時代に稲置の境界線にあったから。(いなぎ→いんなぎ→いんなき)という流れ。

この中では稲置説が一番説得力ありますね!詳細は分からず終いでした…。

写真は犬鳴ダムです。

 

犬鳴峠の入口

犬鳴トンネル

 

犬鳴峠入口上の写真が新犬鳴トンネルで下が旧道入口。

ここに自動車を停めたいところですが、駐車禁止の看板が出ているので犬鳴ダムの駐車場に停めましょう。

旧道入口はパッと見、進入禁止に見えますが徒歩なら入れます。登山者のために開放されているようです。

 

犬鳴峠

 

犬鳴峠ちなみにトンネルの反対側は赤外線カメラに監視されていますので進入できません。

 

犬鳴峠旧道 こんな感じの道をひたすら歩きます。

およそ15分程度で旧犬鳴トンネルに到着します。

 

犬鳴峠旧道 冒頭で述べた犬鳴村は今は存在しません。

過去に犬鳴谷と呼ばれる村落があり、そこでは農林業やたたら製鉄でひっそりと生計を立てていました。しかし1986年(昭和61年)に犬鳴ダムの底に沈んでしまいます。

犬鳴村は確かに実在しましたが、ダムに沈んだということから旧犬鳴トンネルからはかなり離れた位置にあったということがわかります。

 

犬鳴旧道 登山道 途中にある犬鳴山登山道です。

 

犬鳴峠旧道 心霊写真?!オーブとかいうやつですかね???

まぁ、ただの雨粒なんですけどね。この日は霧と雨が酷くて視界不明瞭でした。

 

犬鳴旧道 看板 不気味な案内板。

古犬ナキ峠が気になります。

 

犬鳴峠旧道何か見えてきました。拡大してみましょう!

 

犬鳴峠旧道旧犬鳴トンネルの開通記念碑。

この右側に旧犬鳴トンネルがあります。

 

旧犬鳴トンネルの現在

旧犬鳴トンネル 完全にブロックで塞がれています。

近づいてみましょう!

 

旧犬鳴トンネル かなり厳重です。

中は素掘りなので崩落の危険を考えて入口を塞いだのでしょう。或いは悪さする輩がいたのかもしれません。

 

旧犬鳴隧道 銘板 写真だとわかりにくいですが犬鳴隧道と銘板に書かれています。

 

犬鳴峠殺人事件について

旧犬鳴隧道 銘板 さて、最後に犬鳴峠で起きた殺人事件ついて簡単に説明して締めくくります。

1988年(昭和63年)12月。被害者の自動車を借りようとする少年5人。しかし断られます。

その対応にキレた少年たちは被害者を拉致監禁し暴行を繰り返します。発覚を恐れた少年たちは被害者を殺すことに…。

旧犬鳴トンネルで被害者の口に布を詰め、両手両足を縛り、暴行を加え動かなくなった所にガソリンを掛けライターで着火。死因は失血死です…。

『都市伝説と犯罪』は日本の都市伝説や犯罪について取材してまとめた本です。このなかに少しだけ犬鳴峠の話が出てきます。気になる方は読んでください。

 

終わりに

いちち
こういう事件は不条理すぎて何ともいえませんね…。胸糞悪いです。

これにて旧犬鳴トンネル編終了です!

犬鳴峠の帰りは事故るといわれていますが何もなく無事に帰ることが出来ました。

心霊現象よりも生きている人間の方がよっぽど怖いので、旧犬鳴トンネルに限らず人気のない所にはなるべく行かないようにしましょう。それでも行くなら真昼間に行くことをおすすめします。

当ブログ内の心霊スポットランキングを作成しました。興味がある方はご観覧下さい。なお、この記事は適宜更新いたします↓

よく読まれている心霊スポットの記事ランキングベスト10を紹介する!

2016.11.24

おしまい!



旧犬鳴トンネル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA