心霊スポット!?別大国道の手招き地蔵。一体ここで何があったのか?【大分の旅】

大分市と別府市を繋ぐ別大国道(国道10号線)の旧道に『手招き地蔵』という心霊スポットがあります。大分県ではかなり有名な手招き地蔵。知名度が高い心霊スポットの過去には自然災害や大事故、殺人などダークな過去を持っていることが多いです。

さて、この手招き地蔵は如何に?!

場所はこの辺。

それでは参りましょう。

 

別大国道の手招き地蔵

手招き地蔵こちらが手招き地蔵です。まずは地蔵の様子から。左手に如意宝珠、右手は手のひらをこちらに向けて地を指しているので与願印かな。如意宝珠、与願印ともに『衆生の願いを叶え苦しみを取り除く。』という慈悲の意味を持っています。

地蔵菩薩には道祖神、子供や水子供養、墓石などとして安置されていることが多いです。また地蔵菩薩は地獄の裁判長・閻魔大王と同一なので常に私たちの傍にいて死後の裁判で罪を軽くしてあげようと見守っているともいわれています。まぁ、監視されているともとれますが。

一般的な建立理由は上記の通りですが、何かその場で大きな不幸があった後に供養の意味で建てられることもあるようです。さて、お地蔵さんと心霊スポット。これは絶対何かありますね!ということで調べてみました。

 

手招き地蔵1961年(昭和36年)10月25日の夜中から大分県は暴風雨に見舞われました。翌26日まで大雨は降り続け、時刻は午後3時前。大分交通別大線の列車が仏崎を通過しようとしたとき悲惨な大事故が起きてしまいます。土砂崩れです。山沿いを走っていた列車の真上から大量の土砂が容赦なく降り注ぐ。直撃した車両は真ん中でへし曲がり停車。

ほぼ満員の列車の内部は阿鼻叫喚地獄。乗員乗客約70名のうち死者31名、重軽傷者36名という大惨事。死亡者の中には下校途中の小中高校生7人も含まれるという居た堪れない悲劇が起こってしまいました。

恐らく手招き地蔵はこの大事故の死者を供養するために建立されたものだと思われます。もしかしたら地蔵菩薩にした理由は多くの子供たちが含まれていたからかもしれません。いずれにせよ供養、もう二度とこのような事故が起きませんようにという思いを込めて安置されているのでしょう。

 

終わりに

このほかにも心霊スポットとされる所以があります。別大国道旧道は道幅狭く仏崎のあたりは見通しの悪いカーブにも関わらず高速道路並みのスピードで運転する人が多くいました。そのため交通死亡事故が頻繁に起きたそうです。

また江戸時代中期の本草学者・貝原益軒の豊国紀行に『仏崎は交通の難所でとっても危険です。』みたいなことが書いてあるので昔から転落事故があったりして怖がられていたようです。

手招き地蔵が心霊スポットとして扱われている理由はこんな感じです。

地蔵の裏手に山道があり登っていくと廃公園があります↓

別府三勝!散る桜の仏崎。忘れられた廃公園を見る【大分の旅】

2018.02.25

当ブログ内の心霊スポットランキングを作成しました。

興味がある方はご観覧下さい。なお、この記事は適宜更新いたします↓

よく読まれている心霊スポットの記事ランキングベスト10を紹介する!

2016.11.24

閲覧注意?!私が訪れた大分県の心霊スポット12ヶ所をまとめて紹介する!

2018.08.18

おしまい!



手招き地蔵

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA