九州地方

宮崎県

伊東四十八城の一つ、宮崎城と悲劇の忠臣・権藤種盛について

宮崎城は少なくとも1336年には在り、江戸時代の一国一城令によって取り壊されるまでの凡そ600年間存在した。日向国は1391年以降、島津氏が守護となり、その下で複数の豪族が各地を治めていた。戦国時代になると伊東氏が頭角を現し、次々と領地拡げ一時は日向国の主要地を支配している。
長崎県

日本最大級の内乱、島原・天草の乱と激戦の地、原城の歴史を振り返る

原城は1637年に勃発した島原・天草の乱で一揆勢が籠城し、幕府軍と死闘を繰り広げた場所である。一揆勢は敗戦後に老若男女問わず惨殺され、この地に無造作に埋められた。発掘調査でキリシタン関連の遺物や陶磁器、武器、そして人骨などが確認されている。原城の歴史、島原・天草の乱について簡単に紹介しようと思う。
長崎県

苛烈なキリシタン弾圧が行われた雲仙地獄を眺めながら絶望する私

雲仙普賢岳の南西部に位置する雲仙温泉。雲仙は聖なる山で、かつては修験道の山伏らが修行のため山籠もりをしたと伝わる。奈良時代には僧・行基が温泉山満明寺を開山した。江戸時代初期、雲仙は地獄と化した。江戸幕府によるキリシタンの弾圧である。ここでは見るに堪えない程の拷問や処刑が行われた。
スポンサーリンク
長崎県

一枚の写真がグラバー園を心霊スポットに?!『ハナの結婚式』とは

私は何度かグラバー園に訪問しているのだが、全く知らなかった。心霊の噂なんて…。原因は一つの写真にあるという。『ハナの結婚式』と称される展示写真に幽霊が写り込んでいるらしい。心霊写真があると知っていれば意地でも探しただろうが、そんなこととは露知らずチャンスを逃してしまった。
大分県

青の洞門と禅海和尚について!日本三大奇景の一つに選ばれる耶馬渓を眺める

日本三大奇景の一つに選ばれる耶馬渓は大分県の主力観光スポットである。本耶馬渓には奇石が1kmに亘って連なる競秀峰、その直下に穿たれた青の洞門などの名勝が存在し、特に秋、紅葉の季節に抜群のパフォーマンスを見せる。どうやら本耶馬渓の青の洞門に幽霊が出るという噂があるらしい。いわゆる心霊スポットだ。
大分県

別府三勝!散る桜の仏崎。忘れられた廃公園を眺める

仏崎公園とは?ここは戦前に別府を盛り上げるためにつくられた別府三勝と呼ばれる景勝地の一つだった。他二つは志高湖と内山渓谷。かなりの観光客が訪れ『別府湾が見渡せ、春になるとたくさんの桜が花開く。』と人気スポットだったと云う。かつては観光スポットとして栄えたが、事故によりイメージが反転してしまった仏崎。
熊本県

虐殺の地・臼内切を眺める!その真実に迫る肥後細川藩幕末秘聞を読んで

臼内切は臼根切とも記される。キリシタン弾圧を『デウス(神)の根を切る。』と例えたことが語源だ。肥後細川藩幕末秘聞によると臼内切は室町時代からある地名なので臼根切は後世の造語だと言い切っている。虐殺は嘉永6年(1853)に行われたと伝わる。しかし虐殺は口伝だけで公式の史料は残っていない。
佐賀県

豊前坊に大天狗の石祠?蟻尾山にある心霊の噂について考える

佐賀県鹿島市にある蟻尾山。中腹には野球場や陸上競技場などを伴う大規模な公園が設置され、休日になると大変賑やかになる。 この山は鹿島平野から佐賀平野を一望出来る戦略的重要拠点だったため城が築かれた。歴史も興味深いが、今回ここを取り上げた一番の理由は、蟻尾山に心霊スポットの噂があると聞き入れたからだ。
佐賀県

源為朝の伝説が残る心霊スポット・五万ヶ池について

佐賀県三養基郡上峰町、鎮西山の中腹にある五万ヶ池。何の変哲もない小さな池に見えるが、どういう訳か曰く付きの場所として知られている。一体、ここで何があったのか?県道46号線を北上し長崎自動車道の高架下を潜った先にある『鎮西山入口』の看板を右折。突き当りまで進むと写真の石碑がある駐車場に到着する。
佐賀県

『呪詛伝説・鬼子嶽末孫』と岸岳城、及び松浦党・波多氏の歴史について紹介する!

岸岳城は岸岳に築かれた山城です。石垣の跡や堀切、旗竿石などの遺構が残っています。岸岳は鬼子岳とも書き、大昔この山に鬼が住み着いていたという伝説から来ています。登山道は整備されており、案内板も充実しているので迷うことなく登城出来ますが、斜面や足場の悪い箇所があるので最低限の装備は整えて臨むべきです。
佐賀県

水没世帯多数?!北山ダムが心霊スポットと言われる理由について調べたら…。

以下、北山ダムにある心霊スポットの噂について書かれています。その根拠を探るに当たり猟奇的で残酷な描写をしているため苦手な方はここで引き返してください。どのような霊現象が噂されているのかは、(私はあまり興味がないので)割愛します。 気になる方は他の心霊スポットのサイトを調べて下さい。
佐賀県

厳木(きゅうらぎ)にあるダムが心霊スポットと噂されているらしいので根拠を考えてみた!

唐津市厳木町にある厳木ダム。洪水の防止、用水の確保、発電などを目的とする多目的ダムです。山奥にあるダムは心霊スポットの餌食になり易い。厳木ダムも例外ではなくそのような噂があるとのこと。真っ暗闇で静まり返った夜半のダムなんて人間の本能的に不気味に感じるわけですが…。
佐賀県

ここで何が?心霊スポットの噂がある河内ダムについて調べてみた!

河内ダムは1970年に竣工された筑後川水系大木川のダムです。1953年に発生した大洪水で大木川が決壊し、下流域に甚大な被害を与えたため、ダムの建造計画が建てられることになりました。河内ダムにはどういうわけか心霊スポットの噂があります。根拠はあるのか?その辺りを見て行こうかと思います。
佐賀県

大量殺人事件の噂?!心霊スポットとして有名な『イノちゃん山荘』について

廃墟系の心霊スポットとして有名なイノちゃん山荘。無差別大量殺人事件が起こった現場だと噂されています。可能な範囲で過去の新聞を漁ってみましたが、情報は一切出てきません。大事件が発生していれば間違いなく情報が出てくるはず。デマと断言してもよいでしょう。私がここに入ったかどうかは御想像にお任せします。
佐賀県

古戦場で処刑場があって火葬場になった?大財公園の過去について

大財公園の片隅には鎮魂碑があります。鎮魂碑の裏には『佐賀市火葬場跡 昭和五十五年七月吉日建之』とあります。約420年前、この地は古戦場であり戦死者を祀る碑もある。あと処刑場だったという話もあるようです。大財公園のすぐ南に清心院という真言宗の寺があります。
佐賀県

三瀬峠の聾なおし地蔵と国境石を見る!心霊スポットと噂されるが何ゆえに?

某心霊スポットサイトに三瀬峠のことが書かれていたので、どんな場所なのか気になって実際に行ってきました。三瀬は『みつせ』と読みます。福岡と佐賀の県境に位置する標高約580mの峠です。最頂部付近には聾なおし地蔵や江戸時代に建てられた国境石が残っています。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました