心霊スポット、赤迫池の由来について自分なりに考えてみた【大分の旅】

大分市丹川にある赤迫池は灌漑用水(農業)のために造られた人工の溜池です。歴史は古く、1662年(寛文2年)に当時この辺りを治めていた臼杵藩の命を受けた奉行の安野氏が築造しました。

どういうわけかこの池は大分県の心霊スポットとして知られています。名前が『赤、迫る』という何だか不吉な雰囲気を持っているからでしょうか?

今回、赤迫池に訪問しました。その様子と共に『何故、心霊スポットなのか?』を考察してみようかと思います。

それでは参りましょう!

 

赤迫池への行きかた

別府方面から国道10号線を進みます。途中で県道21号線に入りますが気にせず直進。大分川を渡り加納西の信号を右折します。大分米良ICを越えた先の分岐を佐賀関、大分スポーツ公園(斜め左)へ。しばらく道なりに進み新田入口の信号の少し先を左に下ります。突き当りを臼杵方面へ。また突き当りがあるので左折すると右手に赤迫池があります。

赤迫池は入口にフェンスがあり車で入れません。ゴミの不法投棄が多いため閉ざされてしまったようです。

 

赤迫池について

赤迫池様々な心霊スポットサイトを見ていると『池を築造する際に人柱をたてた。』から霊が出ると書かれていることが多いです。その霊が訪れる人を誘って池に引きずり込んでいくというありがちなお話。

 

赤迫池それが所以か、自殺スポットとしても有名らしいです。自殺の有無は地元民にしかわかりませんが、自殺の名所と呼ばれるレベルの場所は少し調べると情報が出てきますので、仮に自殺があったとしても数はそんなに多くないと予想出来ます。

 

赤迫池人柱の話に戻ります。

冒頭にお伝えしましたが、いつ誰が築造したのかわかっています。昭和期の大分市報に書いてあることなのでほぼ間違いないと思います。恐らくは江戸時代の地史書に示されている情報なのでしょう。

いちち
藩命を受けた奉行が人柱をたてて赤迫池を築造したとは思えません。

 

赤迫池もし人柱をたてるなら奉行はお上に相談するでしょうし、藩がそんな迷信じみたことを許さないでしょう。もし知らせずにばれたら切腹レベルの問題なはず。まぁ、こればっかりはわからないですけどね…。報告しなかった、或いは藩が歴史を残さなかったという可能性もありますね。

もしかしたら築造中に死亡事故が発生したため殉職者を人柱としたのかもしれません。でも、そうだったとしたら何処かに石碑や祠があってもいいような気がします。

いちち
もしかしたら!?と思い池周囲を散策しましたが、それらしきものは見つかりませんでした。

 

赤迫池名前の由来の詳細はわかりません。『赤』を血のことだと説明しているサイトがありますが、わざわざそんな不吉な名前つけるかな?

これについては↓

この一帯は丹川(あかがわ)と呼ばれています。また池の下を流れる川を丹生川(にゅうがわ)といいます。『丹』は『に』と読みこれは辰砂、朱砂のことで水銀の元となる赤い鉱物を指します。

上の写真が丹です。これは赤迫池を大分市方面へ下ったところにある丹生神社にあります。

赤迫池丹が採れる産地を丹生と名付け丹生氏を名乗りました。丹生の地名は各地に存在しています。丹が採れる地域にそれぞれ丹生氏が生まれたのか、それとも丹生氏が各地を渡り歩いて丹生の地名を与えたのかはわかりませんが、大分県丹川にもこのような歴史が存在します。

さて、本題。

赤は丹のことで間違いありません。では何故、丹を赤にしたのか?

 

赤迫池赤には様々な意味がありますが、この場合『水』の意味なのではないかと私は思っています。

仏教に閼伽(あか)という言葉があります。閼伽は六種供養のひとつでお供えする水のこと。いつからか閼伽は赤になり地名や苗字に使われるようになります。赤見、赤倉、赤堀、赤城などの地名は『(御神)水が湧き出る場所』や『(御神)水を囲って溜めた場所』の意味があるそうです。

丹迫池でもいいけれど『縁起がよさそうだから赤にしようか?』みたいな感じかなと想像しています。そして『迫』、これは小さい谷の意です。

いちち
丹が採れた地域の小さい谷に造った灌漑用水の池。地域の農業の発展を願い、仏さまにお供えするための閼伽由来の『赤』を名前に取り入れよう。

単純に赤土(丹)が採れるから赤にした可能性もあります。『だったら丹迫池でいいじゃん!』って感じだけど。

 

終わりに

赤迫池の名の由来について考察してみました。真実はわかりませんが、私は『赤=血』説よりは説得力があると思っています。

このように考えると心霊スポットとして扱われる理由がなくなってしまいますね。

いちち
赤迫池は心霊スポットとしては弱いと感じました。というか偽心霊スポットじゃないか?というのが私の結論です。

もし、赤迫池について詳細を知っている方がいれば教えて頂けたら幸いです。

おしまい!



赤迫池

2 件のコメント

  • 1662年頃と云えば、島原の乱も終わって、戦いの無い平和な世の中になった後の事。
    収穫を増やす目的?で作らたのかな~って推察しました。

    農業用あるいは飲料水にも?だったりすると、
    偽情報を流してでも、あんまり近づいて欲しくないとか。

    400年近く地元に貢献したなら、”吉”ですよね。

    • 上総さん

      こんばんは!

      “偽情報を流してでも、あんまり近づいて欲しくないとか。”
      なるほど~。敢えて不吉な名前にした説ですね!考えてもみませんでした。

      名前に由来って興味深いですよね!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    いちちと申します。 休日の殆どを一人旅に費やしています。いつか流浪の民になって日本中を周って過ごしたい。歴史、B級スポット、心霊スポットのネタが多めな旅行記ブログです。 コメント待ってるよー!