梅田湖が心霊スポットになったわけ 【群馬の旅】

梅田湖は群馬県桐生市梅田にあるダム湖です。日中は観光客や釣り人でそこそこ賑わう自然スポット、夜になると恐怖の心霊スポットへと変貌します。私は一度、自称霊感ある方と深夜に訪問しましたが、とにかく真っ暗。自称霊感ある方はずっと「そこになんかいる?!」とか言っていましたが心の中で「真っ暗でなんもみえねーよ」とドン引きしていました。

深夜だと何も見えなくてつまらないので今回は昼間はどんな様子なのか、また何が由縁で心霊スポットとされているのかを確かめに行ってきました。

住所は群馬県桐生市梅田町4丁目1781付近です!

桐生川ダム

桐生ダム 桐生川ダムは1982年に根本山から流れ出る桐生川上流に設置されました。主な目的は様々な用水や水力発電、そして洪水対策です。1947年9月に襲来したカスリーン台風によって川が氾濫し多大な被害を負った過去があります。ダムで水量を調節することによって下流の住民の日々を死守しています。

 

梅田湖

梅田湖自然に溢れる梅田湖。釣り人や観光客をちらほら見かけました。レインボートラウト、ブラウントラウト、ヤマメ、ワカサギなどが釣れるそうです。また梅田湖に注ぐ桐生川上流域は冷たく澄み切った水が流れ比較的浅いため夏時期になると子供たちが賑やかに遊んでいます。ただツキノワグマ出没の可能性がありますので鈴やラジオなどを携帯し十分用心することをおすすめします。

 

梅田湖周辺の様子

梅田湖から眺める梅田大橋これは群馬県桐生市と栃木県佐野市を繋ぐ県道66号線が通る梅田大橋。

 

梅田隧道県道66号線にある梅田隧道。梅田湖のすぐ隣に位置するトンネルです。

 

馬立隧道こちらは県道337号線にある馬立隧道です。周辺地区の名前から命名されたトンネル。梅田大橋を渡らず川沿いにまっすぐ進むとあります。

この二つのトンネルは心霊スポットじゃないです。心霊スポットとされているトンネルは更に山奥にある三境隧道(通称第3のトンネル)です。ここでビビッては行けません!三境隧道は梅田湖からかなり離れた場所にあるのでここでは割愛。詳しくはこちらで→【クラクション3回で心霊現象?三境隧道 編】 

 

湖底に沈む道路
梅田隧道を通り抜けてすぐ右手にダムへ降りる道があります。道路が沈んでいますね。かつてはこの先に集落がありました。ダムを作る時そこに住んでいる人たちは立ち退きをお願いしなければなりません。桐生川ダムがどうかしりませんが、そこにはきっと神社やお寺、そしてお墓もあったでしょう…。それだけで心霊スポットのネタとしては十分かもしれません。

 

県境変更桐生市合併記念碑梅田大橋を渡って対岸へ向かいました。栃木方面へ向かわず梅田湖沿いに続く小道へ降りて行きます。まず目に留まったのがこの石碑。県境変更桐生市合併記念碑と刻まれています。どうやら対岸はかつて栃木県だったようです。

右の石碑には「この合併記念碑は水没のため旧入飛駒小学校から移設する」昭和五十八年七月 桐生市市長 小山・・・。(市長の名前下が読めませんでした!)と書いてあります。

 

飛駒尋常小学校水没跡さらに上流方面へ進むと。また石碑!左の石柱には「飛駒尋常小学校」、下に立て掛けてある石碑には「水没跡地」と刻まれています。昭和五十八年七月 桐生市市長 小山・・・。
後日調べたところ小山市長の下の名前は利雄さんとわかりました。昭和46年5月2日~昭和62年5月1日の間、桐生市長を務めた方です。

 

大洲の水大洲の水と名付けられた湧き水。さっぱりとした美味しいお水でした。

 

犬小屋大洲の水すぐ隣にある山林ハウス?と書かれた犬小屋。中にはメモで「おいしい水ありがとう」的なことが書いてありました。簡易祠かな!

 

だいころしの滝このだいころしの滝物語が心霊スポットの発端だと思う。「檀家が減ってしまい寺の運営が出来なくなってしまった大涌時(ダイコジ)の住職は過去帳を手に持ちだいころしの滝へ入水した。」実際に存在した寺で山田郡史に自殺のことまで書いてあるようです。

また天明の大飢饉(1782年~1788年)の時に起きた事件も絡んでいるようです。飢饉で困窮を極めた民衆は暴動(打ち壊し)を起こしました。しかし鎮圧され多くのものは処刑されてしまいます。残された女子供は主人を失い生きる術を無くし滝の底へ…。

この二つの話が真実なのか、それとも創作なのかはわかりません。いわくつきの滝は現在湖底に沈んでいます。口承で話が広まり呪いの場所と認識されていくのは止む終えないことでしょう。

 

千代が淵だいころしの滝を過ぎ橋を渡ると県道337号線に合流します。少し上流へ向かうと千代が渕という場所があります。ここもまた悲しい伝説が残っています。

乱暴狼藉を働く山賊から村を救った千代が身を隠すためこの渕を渡ろうとするが落ちて死ぬ。何の救いもない不条理な話です。世の中の実情を端的に表した素晴らしい物語だと思います。これも心霊スポット的には美味しい話ですね。でも千代はきっと怨霊として出てくる女性じゃないと私は思う!なんとなくだけど。

 

終わりに

梅田湖が心霊スポットといわれる理由はこういう話から発展していったものだと思われます。本来は霊をお祀り、ご先祖の無念を繰り返さないようにしようと後世に引き継がれていくべきなのですが、ダムに封印され恐怖の対象へと変貌してしまうというこれまた悲劇。まぁ、こんな記事書いていますが霊の存在は信じていません。

当ブログ内の心霊スポットランキングを作成しましたので興味がある方はご観覧下さい。なおこの記事は適宜更新いたします↓

旅のまとめ【心霊スポットランキングベスト10 編】 

梅田湖

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA