群馬県

下仁田トンネルが心霊スポットと呼ばれる所以について【群馬の旅】

下仁田町といえばネギとコンニャク。まぁ、それは置いておいて今回は血生臭い下仁田の歴史や珍しい地層、そして恐ろしいとされるトンネルの心霊スポット見ていきましょう。
群馬県

心霊スポットを考察してみた!城下トンネルと水神の石碑について

栃木県日光市から群馬県、埼玉県を経由して東京都豊島区を繋ぐ国道122号。城下トンネル(しろおり)はその路線上にあるいわくつきのトンネルです。なんの変哲もない78mの短いトンネルですが、過去に交通事故が多発したり、幽霊が目撃されるなど一部の物好きにとっては堪らないスポットになっています。
群馬県

クラクション3回で心霊現象?第三トンネルこと三境隧道について

三境隧道ではちょっと不思議な心霊現象が起こるそうです。トンネルの中でクラクションを3回鳴らすと霊からメールが届く。というもの。霊は機械を使えないと時代に取り残されてしまうのですね。深夜に肝試しで来たことがあるのですが、その時は真っ暗で何も見えませんでした。こういう所は明るいうちに行くに限ります。
群馬県

梅田湖が心霊スポットになったわけ、現場を散策してわかったこと。

梅田湖は群馬県桐生市梅田にあるダム湖です。日中は観光客や釣り人でそこそこ賑わう自然スポット、夜になると恐怖の心霊スポットへと変貌します。今回何故梅田湖が心霊スポットになったのかを真面目に考察しています。
群馬県

真壁調整池の慰霊塔は誰のために建てられた?佐久発電所の歴史について

真壁調整池は佐久発電所の一部です。沼田市岩本町の綾戸ダムから取水し、約12kmの鉄管を通って真壁調整池に貯水されます。貯められた水は水圧鉄管を通り、高さ約75mのサージタンクで水圧(?)水量(?)が調節され、発電所に落とす事で電気が生み出されます。真壁調整池の畔には慰霊碑が建っています。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました