横浜市

神奈川県

見晴トンネルの噂。事故で亡くなった方の幽霊が出ると云うけれども…。

見晴トンネルには心霊スポットの噂があるらしい。オカルトサイトを確認すると工事中に死人が出たとか交通事故が起きたとか紹介されていたので、ちょっと気になって調べてみたけれども、噂が飛び交っているだけで確証となる資料は一切見つからなかった。
神奈川県

聖域か?心霊スポットか?かつては20mの瀑布だったらしい白滝不動滝へ

大正年間の大地震で二宇ともに全壊してしまったが、どういうわけか周辺の村の住宅は一切倒壊しなかった。住民は『両不動尊がお守り下さった!』と一丸となり立派な一宇のお堂を建て直し、そこに白滝不動尊と荒沢不動尊を安置した。
神奈川県

畠山重忠の首塚へ!非業の死を遂げた重忠の最後の軌跡を吾妻鏡から振り返る

畠山重忠の首塚には幽霊が出ると云う。ここが古戦場だからだろうか。それとも重忠の無念の死に由来するものだろうか。古戦場が理由であるならば特に異論はないのだが、重忠の怨みが云々と言われると何だか釈然としない。
神奈川県

横浜ベイブリッジに心霊スポットの噂が?気になって調べてみると…

横浜ベイブリッジの開通は1989年(平成1)。それなりに飛び降りる人がいるらしく、心霊スポットとして紹介されることもある。ここは自殺の対策がとても難しいらしい。
神奈川県

火傷した兵士や武士の霊が出るって云われているらしいけど、藤塚隧道ってどんな場所?

武士の霊が出ると聞けば、古戦場や刑場を思い浮かべるが、ここはそういう場所ではなさそうだ。火傷した兵士はどうだろうか?近代の戦争や空襲を連想出来ようか。藤塚隧道周辺は農村だったからそれほど空襲の被害は受けていないだろう。
神奈川県

横浜の土木遺産!打越橋の歴史と橋脚にある地蔵尊の由来について

牛島坂より眺める朱色の映えるアーチ陸橋。打越橋は関東大震災の復興事業の一環で架けられた。竣工年は1928年(昭和3)8月9日。橋脚の脇に可愛らしい地蔵尊が祀られている。オカルト界隈では『自殺者の霊を慰めるために安置された地蔵云々…。』と。
神奈川県

くらやみ坂を歩く。横浜の監獄&処刑場、戸部刑場跡へ!

『くらやみ坂』は暗闇坂、或いは鞍止坂とも表記される。前者は『この付近が木々に覆われていて暗かったから。』『刑場があって不気味な雰囲気だったから。』という意味が込められている。後者は『急坂だったので人や馬が止まりながら苦労して登った。』または『馬を停める程にここからの景色が抜群だったから。』といった感じらしい。
神奈川県

関東大震災の復興事業の一環で穿たれた大原隧道!当時は限られた人しか通れなかったって本当?

1923年(大正12)に発生した関東大震災から5年後の1928年(昭和3)に復興事業の一環で水道本管の敷設を目的として竣工されたトンネルである。現在も地下には水道管が通っていて活用されている。延長254m、高さ3.62m、幅2.44m。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました