東京都

東京都

武蔵野の森公園の過去を振り返る!園内の掩体壕大沢1号、2号って何?

伊豆諸島への玄関口となる調布飛行場を囲うような立地に位置する。公園北側には掩体壕と呼ばれる戦争史跡が残されており軍事施設として利用された過去を呼び起こす。掩体壕とは?
東京都

東京競馬場の怪異!魔の第3コーナーと都指定旧跡の井田是政墓について

東京競馬場の第3コーナーから第4コーナーの間にある井田是政の墓である。赤丸で囲っている場所が井田是政の墓で、墓の辺りは通称・大ケヤキと呼ばれている。井田是政の先祖とされる畠山重忠については彼の首塚に訪れたので後日紹介しようかと思う。
東京都

本宿トンネルに現れると云う幽霊の噂と弥勒寺跡と延文五年の板碑の関係について

本宿トンネルは上部に墓地があったため幽霊が出ると云われている。航空写真を眺めて確認してみたものの、トンネル着工前に墓地があったかどうかまでは分からなかった。発掘や掘削の際に人骨が出ているという話でもあるのだろうか?
東京都

高島平団地のすぐそばにある赤塚公園にまつわる心霊のお話

かつて自殺の名所として知られた高島平団地に隣接する都立公園である。この公園には焼身した女性の幽霊が出るとされている。高島平団地で囁かれる心霊の噂の影響を受け、尾ひれが付いて流布されたのだろうと高を括っていたが、そうではなかった…。
東京都

三千人塚では無かった?鎌倉攻めに関する史跡だと思って訪問したが…

厳重に柵に囲まれた小さな塚に立派なエノキの木が生え、その根元には青みがかった板碑が安置されている。この塚は新田義貞による鎌倉攻めの一環で発生した分倍河原の戦いの戦没者を弔うために建てられたという伝承から三千人塚と名付けられた。
東京都

大正年間に発生した碑文谷踏切事故に関係する鉄路犠牲者供養塔跡と責任地蔵尊

1918年(大正7)5月19日午前1時05分、銀行員の新井慶藏(34)が乗っていた人力車が南品川の踏切で貨物列車に激突され命を落とした。運転手は咄嗟に離れたので事なきを得ている。当時の踏切の係は須山由五郎(43)と竹内芳松(45)の二人であった。
東京都

自殺の名所として有名になってしまった新小岩駅だが…。どうやら最近は…?

自殺の名所のレッテルを貼られてしまった新小岩駅であるが、2019年以降は自殺件数が減少している。というか殆ど発生していない。一体何が起こったのだろうか?2018年12月8日より成田エクスプレスなどの特急が通過する総武快速線3、4番線にホームドアが設置されたのが大きな要因になっている。
東京都

死者160名を出した三河島事故の現地へ…。どのような事故だったのか?

荒川区の浄正寺の聖観音像。 昭和中期に起きた国鉄の列車脱線衝突事故の犠牲者を弔うために建立された観音像である。 どのような事故だったのだろうか? 三河島事件について 1962年(昭和37)5月3日、時...
東京都

高島平団地の概要と歴史について!なぜ、心霊スポットとしてこんなにも有名になってしまったのか?

訪れるまで高島平団地には陰鬱なイメージしか無かったが、日中は想像に反して明るかった。休日の訪問だったということもあるだろうが、子供たちが父母と公園で戯れ、団地内のスーパーで主婦や老夫婦が買い物をしながら談笑していた。人口ピーク時はもっと賑やかだったに違いない。
東京都

西新井駅近くの地下道に老婆の幽霊が出るって噂があるようだけど…。いろいろと調べてみたら。

心霊の根拠を明らかにすることは叶わなかったが、これだけ事故が起きているとなると良からぬ噂が流れてしまうのも理解出来なくはない。幽霊の仕業と言ってしまえば気楽ではあるけれども、そんなことはなく様々な要因が重なり合って事故が発生しやすい環境になってしまったように感じられた。
東京都

葛飾区の立石様を拝みに参った!触ると呪われるって噂されているらしいけれど…。

東京都葛飾区の立石地区に伝説の石『立石様』がある。立石という地名はこれが由来になっているらしい。その伝説から心霊スポットとして紹介されることもあるが、歴史的に見て曰く付きの場所と云うよりは単なる史跡、或いはB級スポットのような場所だと私は感じた。過去の新聞に『立石様』に関する記述があったので要約して紹介しようと思う。
東京都

1989年、大量の人骨が発掘された?!都内の有名心霊スポット・戸山公園を散策してきた!

戸山公園には心霊スポットの噂が流れている。原因は1989年(平成1)に行われた発掘調査の結果にある。箱根山の東に位置する国立予防研究所(現・国立感染症研究所)の建設現場から身元不明の35体の人骨が発見された。かつてこの場所には陸軍軍医学校があり、人骨は標本の一部である可能性が高いと云われている。
東京都

東京大空襲によって地獄と化した言問橋へ!この橋で何が起きたのか調べると…

両岸から被災者が押し寄せ鮨詰め状態となった言問橋に、焼夷弾と火炎旋風が襲い罪無き人々を焼き尽くした。堪らず隅田川へ飛び降りた者も力尽き溺れたり、陸に戻れず凍え死んだ。空襲が去った後、橋の上は人の脂でテカテカと輝き、真っ黒な遺体が無造作に並べられ、河岸にも夥しい遺体が山のように築かれていた。
東京都

関東大震災と東京大空襲の犠牲者が眠る東京都慰霊堂へ!日本人として決して忘れてはならない凄惨な過去を…。

東京都墨田区の横網町公園内にある東京都慰霊堂は、1923年(大正12)に発生した関東大震災の被害者の遺骨を納めるお堂として建立され、初めは『震災記念堂』と呼ばれていた。凡そ20年後の太平洋戦争末期、東京はアメリカ空軍の激しい爆撃によって関東大震災の数倍もの災禍を被っている。
東京都

八王子の上柚木公園に幽霊が出ると聞いたので根拠を探ってみたが…。

展望広場、第五駐車場、山吹橋周辺に幽霊が出ると噂されているらしい。心霊系を扱う幾つかのサイトを拝見すると"2000年代に園内で自殺が起きた"や"公園の近くで死亡事故があった"などと紹介されていた。しかし、どれも根拠は示されていない。
東京都

日本政治の中枢・国会議事堂!8階ダンスホールの伝説や二・二六事件に関係する事柄から心霊の噂が…?

日本の政治の中枢にある国会議事堂。この辺りは多数の警官が見張っていて写真一枚撮るだけでも遠慮がちになってしまう。国会議事堂に心霊の噂があると聞き入れ赴いたのだが、常に見張られている感じで、何だか悪い事をしている気分になった。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました