神奈川県

神奈川県

1971年に生田緑地で発生したローム斜面崩壊実験事故の悲劇について

生田緑地にある事故の慰霊碑である。事故は1971年(昭和46)11月11日に発生。ローム台地の崖崩れに関する実験の最中に起きたため『ローム斜面崩壊実験事故』と呼ばれている。10名が負傷、15名が死亡する大惨事となった。
神奈川県

小田原征伐の伝説!秀吉の一夜城・石垣山にまつわる心霊の噂

石垣山城には心霊スポットの噂があるらしい。直接的な戦いは無いはずなので不思議に思ったが、様々なサイトを確認すると『あまりに早急な普請に多くの人夫が事故や過労で亡くなって云々』と紹介されていた。
神奈川県

見晴トンネルの噂。事故で亡くなった方の幽霊が出ると云うけれども…。

見晴トンネルには心霊スポットの噂があるらしい。オカルトサイトを確認すると工事中に死人が出たとか交通事故が起きたとか紹介されていたので、ちょっと気になって調べてみたけれども、噂が飛び交っているだけで確証となる資料は一切見つからなかった。
神奈川県

聖域か?心霊スポットか?かつては20mの瀑布だったらしい白滝不動滝へ

大正年間の大地震で二宇ともに全壊してしまったが、どういうわけか周辺の村の住宅は一切倒壊しなかった。住民は『両不動尊がお守り下さった!』と一丸となり立派な一宇のお堂を建て直し、そこに白滝不動尊と荒沢不動尊を安置した。
神奈川県

畠山重忠の首塚へ!非業の死を遂げた重忠の最後の軌跡を吾妻鏡から振り返る

畠山重忠の首塚には幽霊が出ると云う。ここが古戦場だからだろうか。それとも重忠の無念の死に由来するものだろうか。古戦場が理由であるならば特に異論はないのだが、重忠の怨みが云々と言われると何だか釈然としない。
神奈川県

石橋山の戦いで敗北した源頼朝が隠れ潜んだとされる『しとどの窟』へ!

伊豆国で挙兵した源頼朝が石橋山の戦いで平氏方に敗れて潜んだとされる"或巖窟"。現在、その"或巖窟"は『しとどの窟』と呼ばれている。『しとど』はホオジロ科の小鳥の古名を指す。
神奈川県

横浜ベイブリッジに心霊スポットの噂が?気になって調べてみると…

横浜ベイブリッジの開通は1989年(平成1)。それなりに飛び降りる人がいるらしく、心霊スポットとして紹介されることもある。ここは自殺の対策がとても難しいらしい。
神奈川県

火傷した兵士や武士の霊が出るって云われているらしいけど、藤塚隧道ってどんな場所?

武士の霊が出ると聞けば、古戦場や刑場を思い浮かべるが、ここはそういう場所ではなさそうだ。火傷した兵士はどうだろうか?近代の戦争や空襲を連想出来ようか。藤塚隧道周辺は農村だったからそれほど空襲の被害は受けていないだろう。
神奈川県

横浜の土木遺産!打越橋の歴史と橋脚にある地蔵尊の由来について

牛島坂より眺める朱色の映えるアーチ陸橋。打越橋は関東大震災の復興事業の一環で架けられた。竣工年は1928年(昭和3)8月9日。橋脚の脇に可愛らしい地蔵尊が祀られている。オカルト界隈では『自殺者の霊を慰めるために安置された地蔵云々…。』と。
神奈川県

くらやみ坂を歩く。横浜の監獄&処刑場、戸部刑場跡へ!

『くらやみ坂』は暗闇坂、或いは鞍止坂とも表記される。前者は『この付近が木々に覆われていて暗かったから。』『刑場があって不気味な雰囲気だったから。』という意味が込められている。後者は『急坂だったので人や馬が止まりながら苦労して登った。』または『馬を停める程にここからの景色が抜群だったから。』といった感じらしい。
神奈川県

箱根のお玉ヶ池の由来。関所破りのお玉は捕縛され、その後…

元禄十五年(一七〇二)閏四月二十七日、伊豆大瀬村太郎兵衛の娘、お玉は関所破りの罪で処刑されました。お玉は奉公先の江戸新田嶋から国元に帰る途中、手形がないので、箱根関所を通ることができず裏山を通り抜けようとしたのです。
神奈川県

かつて緑ヶ丘霊園にあった『さとしちゃん像』について

むかし、緑ヶ丘霊園にさとしちゃん像と呼ばれる像が建っていたのだが、現在は撤去されている。さとしちゃん像の裏手にあるため池で事故死をした少年の慰霊碑だと考えられている。それ以降子どもの幽霊が出るようになったと云われている訳だ。
神奈川県

椿ラインを歩く!頭文字Dで有名な峠から気が済むまで富士山を眺めたよ

神奈川県足柄下郡湯河原町と箱根町を繋ぐ椿ライン。走り屋のレースバトル漫画『頭文字D』で最後の戦いが繰り広げられたことで知られる峠である。『しんれい新聞』は心霊スポットを紹介するサイトであるが、序文でお伝えした以上の情報は出て来そうもないので、あれこれ語るのはもう止めて富士山でも眺めて終わろうかと思う。
神奈川県

鎌倉の文化財・泣塔の由来は?とある合戦に関わる供養塔らしいが…。

泣塔は鎌倉攻めの戦死者を弔うための二十三回忌法要で建立された宝篋印塔だとされている。宝篋印塔の背後にはやぐらがあり数基の五輪塔も納められているそうだ。塔を青蓮寺に移動したところ、すすり泣く声が聞こえたため、元の場所に戻したことに由来すると云われる。泣塔の周辺は悉く開発されているが、この小丘だけ残存している。
神奈川県

KKR運営の稲田登戸病院の今昔を空から眺めてみよう!

ここは国家公務員共済組合連合会(KKR)に運営されていた稲田登戸病院の跡地である。稲田登戸病院は1949年に開院。建物の老朽化により2006年3月31日に閉院した。周辺に総合病院が少なかったため稲田登戸病院の閉院は大きな問題になった。
神奈川県

津久井湖北岸に穿たれた岳雲沢隧道(通称・津久井トンネル)とは?

幾つかのオカルトサイトを確認すると以下のような噂が紹介されていた。①白い着物の女性の霊。②浮遊する生首の霊。③クラクションを鳴らすと霊が出る。詳細を見ていこう。『神奈川県の生首トンネル』と紹介されたようである。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました