熊本県

熊本県

虐殺の地・臼内切を眺める!その真実に迫る肥後細川藩幕末秘聞を読んで

臼内切は臼根切とも記される。キリシタン弾圧を『デウス(神)の根を切る。』と例えたことが語源だ。肥後細川藩幕末秘聞によると臼内切は室町時代からある地名なので臼根切は後世の造語だと言い切っている。虐殺は嘉永6年(1853)に行われたと伝わる。しかし虐殺は口伝だけで公式の史料は残っていない。
熊本県

金峰山は心霊スポットじゃない!歴史を知れば神に守られた山だとわかります!

金峰山には幽霊が出るという噂がある。何か根拠があるのかと平成年間の熊本日日新聞を漁ってみるものの、女性の遺体が発見された記事が1件あっただけであった。事件性は無いとの事。また心霊スポットとは全く関係ないのだけども、高校生とその仲間が金峰山山中で大麻草を栽培して逮捕されたという興味深い記事もあった。
熊本県

心霊スポットなの?新堀橋の袂にある救命地蔵の詳細が知りたい!

幾つかのオカルトサイトを拝見すると新堀橋を心霊スポットとして扱っている。どのサイトも『身投げが多発した』と紹介していて、その霊を供養するために地蔵尊が安置されたとしている。確かに欄干の外に転落防止用の高いフェンスが設置されているので、事故や事件を想像してしまう気持ちは理解出来る。
熊本県

加久藤峠の人吉ループ橋はなんで心霊スポットって言われているの?

幾つかの心霊スポットサイトを覗いてみると『交通事故が多い』とか『自ら命を落とす方がいる』といったようなことが紹介されている。実際そうなのか気になったので調査してみた。交通事故以外に心霊スポットの由縁となる事柄がないか調べていると西南戦争に関する情報が出てきた。
熊本県

石塘橋と人柱伝説!ここは心霊スポットじゃないと思うけど…。

石塘は『いしども』と読む。塘は『堤』と同義なので石で造られた堤防を指す。豊臣秀吉から肥後国(熊本)の北半分を拝領された加藤清正は領地の視察を行い、菊池川の流れを変えることで広大な農地を獲得出来ると判断し大工事に取り掛かった。
熊本県

幽霊の絵で有名な幽霊寺こと永国寺に参拝してきたから紹介するよ!

本堂入ってすぐ左にある幽霊の絵掛軸(レプリカ)。本物は毎年8月に開催される永国寺ゆうれい祭りで見れるそうだ。時期になるとネットなどに広告等が出されるはずなので見たい方は要チェック!パンフレットに幽霊の絵の由来が書かれていたので引用する。
熊本県

心霊スポットと噂される娑婆神峠!響ヶ原の戦いと西南戦争が原因か?

娑婆神峠が心霊スポットと言われる根拠は古戦場だからではないだろうか?古戦場はどうしても性質上心霊スポットのネタにされることが多い。戦争は歴史を学ぶ上で外す事の出来ない事柄である。ただ怖がるだけでなく、その背後に何があるのかを考えてみると意外な発見があるかもしれない。
熊本県

島原大変肥後迷惑とは?天草四郎が由来の四郎ヶ浜ビーチを歩く

天草市有明町にある四郎ヶ浜はその名前の通り天草四郎が由来の砂浜である。夏場は海水浴場として人気な場所のようだが、一部の界隈では心霊スポットとしてここを紹介している。何故、幽霊が出ると噂されているのか?四郎ヶ浜の過去に答えがありそうだ。それでは、歴史を振り返ってみよう。
熊本県

心霊スポット探索記!赤田公園と赤田池の赤い橋を渡って来た

赤い橋は赤田橋と言う。竣工は1972年(昭和47)3月。1962年(昭和37)の空中写真で島に架かる橋を確認出来たが、橋の位置が若干違うのと島の形が現在とは少し変わっていることがわかる。1975年(昭和50)、赤田橋の他に池西岸と中の島を繋ぐ橋が見えるけれど、1997年(平成9)の写真では西の橋は確認出来ない。
熊本県

高所恐怖症の人は絶対無理!心霊スポット・内大臣橋について

熊本の山深い谷に架かる内大臣橋。1961年(昭和36)9月に着工され、工費1億5千万円を掛け1963年(昭和38)の10月に完成した。橋の長さは199.5m、幅5.5m、高さは88m。内大臣の由来について、そして心霊スポットとして扱われる理由をみてゆこう。
熊本県

西南戦争の古戦場・吉次峠について。心霊スポットと言われているが…。

熊本にある吉次峠は心霊スポットとして知られている。『きちじ』と読む。理由はここが古戦場だからである。1877年(明治10)、西南戦争が発生。西郷隆盛らは鹿児島から北上し官軍が守る熊本城を目指した。熊本城に辿り着いた西郷軍は城を包囲。写真は吉次峠から眺める田原坂方面。戦場だったとは思えない長閑な農村風景が広がっている。
熊本県

九州本土と天草諸島を繋ぐ天門橋と天城橋について

天門橋架橋計画は1936年(昭和11)、天草諸島湯島出身の政治家・森慈秀が天草に橋を架けると発言したことから始まった。余りにも無謀な提案だったので森氏は『ほら吹き』呼ばわりされてしまった。当時は宇土半島と天草諸島を繋げるほどの技術がなかったためなかなか話は進まず、完成するまでに25年以上もかかっている。
熊本県

かつて心霊スポットとして有名だった天草パールラインホテルの名残を眺める

ホテル跡地からは天門橋と飛岳がよく見える。天草パールラインホテルは5~6階建てだったようなので、上層階の部屋からの眺めは抜群に良かっただろう。ホテルの過去を新聞から拾おうとしたが、かなり昔に開業、閉業したホテルなのでネット上のデーターベースでは大した情報が集まらなかった。登記情報もネットでは見つからなかった。
熊本県

本妙寺公園が心霊スポットと言われているけど、霊が出ても清正公がどうにかしてくれるはず!

本妙寺事件は1940年(昭和15)7月9日に起きたハンセン病患者の強制収容のことを指す。上述した『妙法蓮華経普賢菩薩勧発品第二十八』は法華経を信じる者を謗ると白癩病(ハンセン病)や様々な病気に罹ってしまうという教えである。これを転じて『法華経を信じれば白癩病(ハンセン病)が良くなる!』という発想をする者が現れる。
熊本県

廃墟・阿蘇観光ホテルへ。由緒あるホテルが何故、心霊スポットになってしまったのか?

阿蘇観光ホテルの閉館について書かれた新聞記事を見ていると『残念さ』がひしひしと感じられる。そこに心霊スポットを匂わせるような情報は皆無であった。ひとつは稲川淳二の恐怖の現場シリーズで阿蘇大橋と共にホテルが紹介された事。もうひとつは清水崇監督のホラー映画『輪廻』のロケ地が廃墟となった阿蘇観光ホテルだった事。
熊本県

心霊スポットの噂がある松風洞に訪問したけど、クラクションを5回って…。

南関町にある松風洞。ここ、心霊スポットと言われているみたいだ。なんでも『クラクションを5回鳴らすと老婆の霊が出る』なんて云う噂があったりする。日本各地の心霊スポットを巡っているが、クラクション系心霊トンネルはこれで4つ目!一体幾つあるのだろうか?
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました