山梨県

山梨県

山梨県の特別名勝・昇仙峡で何が起こった?曰く付きの原因を探る

山梨県で有数の景勝地・昇仙峡。遠い昔、平安時代の頃。蔵王権現を祀る金峰山信仰の登山道として御嶽道は拓かれた。その道中、昇仙峡はあった。修験者たちは峻嶮な参道を歩みながらこの名勝に瞠目したことだろう。江戸時代に入ると猪狩村の人、長田円右衛門が新道の開削に乗り出し、時を経て完成に至る。
山梨県

青木ヶ原樹海が自殺の名所として知られるようになった理由について解説する

年間自殺者は1998年に3万人を超え、2003年の34427人をピークに減少していき、2019年には約2万人まで落ちた。山梨県の自殺者数は多くない。しかし、自殺死亡率はかなり高い。2018、2019年はワースト1位である。青木ヶ原樹海と言えば?と聞かれれば殆どの方が自殺の名所を思い浮かべると思う。
山梨県

凄惨な歴史が生み出した恐怖の心霊スポット?!新府城跡について

惨劇の城として知られる新府城。 ・落ち武者の幽霊が彷徨っている。 ・着物を着た真っ赤な顔をした女性が子供を連れて歩いてくる。などの心霊現象があると云う。一部の界隈では、数多くある心霊スポットの中でも取り分け恐怖度が高いと人目置かれている。この城で一体何が起こったのか?歴史を振り返ってみよう。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました